2005年01月07日

PRSギター復活

昨日は関東に戻ってきて初めてPRS(ポール・リード・スミス)ギターのハードケースを開けた。
沖縄で休み中に練習していた曲を弾いてみると、生鳴りの音にビックリ!
クリーンなトーンで音の厚みもある。
今までこんな違いに気がつかなかったのだが、しばらくPRSから離れて初めて実感した(^_^;)
部屋を片付けていたら、たまたま昔集めていた楽譜を発見したので、B'zのmotelのオープニングを弾いてみると、やはり音がキレイだ(^O^)
また、PRSギターのハードケースは、バラのようなクッキーのような独特の香りがある。
一週間ハードケースに入れておいたお陰でギターに、この香りが染み付いたようだ。
PRSの香りを感じながら練習するのも悪くない。
posted by SAT at 11:27| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。