2005年01月19日

ますます悪質化する驚くべき手口

架空請求の被害が後を絶たない。
ネットワーク(インターネット、電話、携帯)が普及した昨今、
振り込め詐欺とあわせて、
詐欺のやりたい放題な世の中な気がする。
警察はもっと摘発できないものだろうか?
幸いにして、私はメールの転送等の自衛手段を講じている為、
今のところそのようなメールを受け取った事も無いのだが、
仕事仲間に受け取ったメールを見せて頂いた事はある^^;
私の想像では、被害者を特定する為に使用されている方法は
web上に公開されているメールアドレスを収集する方法や
プログラムでランダムなメールアドレスを送信し、エラーで返ってきたメール
以外のメールを実在するメールアドレスとして使用する方法で特定している
と思うので、
もはや「自分だけは大丈夫」という世界ではないだろう。
そろそろ、ネットワーク社会も相互認証で初めて「繋がる」等の
一段進化をしなければいけないのかもしれない。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/01/19/6116.html
posted by SAT at 20:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。