2005年03月30日

苦学生が増加

不況の影響で親の収入が弱った為に
苦労して学校に行く学生が増えているようだ。

学費が払えなかったり、
米を3合分炊いておいて自炊したり、してやりくりしているようだ。
学生が切り詰める家計を考えてみると、
「食費」と「教養娯楽費」ぐらいじゃなかろうか。

私も学生時代には同じ経験をしているので、
彼らの生活が目に浮かんでくる。
こうなると、実際の教育現場では
自宅から通う学生と、地方から出てきて学校に通う学生との間で
貧富の差が激しいのだろうなと想像する。
上京する学生・社会人は、何も一人になりたくて上京するわけではない。
家に居たいが、勉強や仕事が地方に無い為に上京する若者も大勢いるハズだ。
日本のシステムが東京と大阪に集中している事による問題が
こんなところにも顕れているのではなかろうか。

しかし、仕方なかったとはいえ、苦学生時代を乗り切ることは、
自立という面で大きく成長できるので、苦学生の皆さん頑張って下さい!

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050328k0000e040085000c.html
posted by SAT at 10:10| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。