2005年04月16日

社会保障制度の末路

●大阪のホームレスが5年間に1052人、変死で亡くなっているそうだ。

●死因は7割が病死、
残りは餓死、凍死、自殺らしい。
やはり家が無いというのは致命的なようだ。

●この人達はホームレスになりたくてなったのだろうか?
否、そんな奴は1%も居ないと思う。
40代〜60代の人が多いそうだが、
彼らは終身雇用で勤め上げれば国が後の事は保障してくれると信じて、
税金を納め続けていたが、ある日リストラされたり希望退職後に
職が見つからなかったりしたのではなかろうか!?

●少し話は変わっていくが、
最近石垣島に「南国の楽園」を夢見て移住する都会人が増えているそうだ。
しかし、ただでさえ職の少ない沖縄で更に島という状況で、
石垣に行っても仕事が見つからず、帰る気もお金も無くして
そのままホームレスになってしまう人もいるそうだ。
中には若者もいるらしい。

●日本はまだまだ税金が増えていく。
とりあえず見えているだけでも平成20年まで
サラリーマンの税金は増え続ける。
来年あたりからはフリーターの課税も厳しくなりそうだ。
これからどんどん、このマラソンのような生活から脱落していく人が
増えていくことと思う。

●今後は脱落していかない為に、
高度経済成長期のような競争→隣の奴を出し抜く→自分だけ儲かればいい。
とかいう考えよりも、
個人の性能を高める→人の輪を広げる→個人プレイじゃなくチームプレイ
というような形に考えを改めていかなければ
明日は我が身もホームレス→変死 となってしまうのかもしれない。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050416k0000e040071000c.html
posted by SAT at 16:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。