2005年04月22日

ゆとり教育に謝罪・・・今更あやまられても><

●中山成彬文部科学相は水戸市の茨城大教育学部付属小、中学校を訪問した際に、
ゆとり教育について「導入は拙速すぎた」とゆとり世代の中学生に謝罪したそうだ。

●私も中学ぐらいからゆとり教育が段階的に導入されてきた世代なのだが、
とっくに大人になってしまっている今、
今更になってゆとり教育の非を認められたところで非常にやるせない。

●私共20代世代は、私の主観ではあまり頭のいい世代とは思っていない。
個人差では優秀な人物もいるのだが、平均すると良くないと思っている。
NEET世代も同じ現在の20代から輩出している。

●今の15〜20才のこれから社会に出てくる若者も同じような感じ・・・
いや、初めからゆとり教育に浸かっていたおかげで、更に可哀相かもしれない。

●今回の謝罪は、まず一歩進んだという感じだが、
肝心なのは、ゆとり教育の非を認めたことによって、
これからの教育と、現在のゆとり教育世代へのサポートをどうするかが課題になる
方向には進まないのだろうか!?

●現在のゆとり教育世代へのサポートというのは、
自分が含まれているから言っているというわけでもなく
今後日本経済を支えていくにあたって力不足な部分をどう補うかが心配だ。

●少し遠回り&時間と予算の痛みを伴うかもしれないが、
NEETやフリーター、社会人の中でも現在の立場に影響を及ぼさずに
(もちろん向上したい人を妨げる必要も無いが)
再教育ができるような仕組みが必要なのかもしれない。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MNP&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2005042101003653
posted by SAT at 03:07| ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。