2005年05月05日

脱線事故を知りながらボウリング大会をしていたとは!

●読売の記事で凄い事が書いてあった。
JR福知山線の脱線事故が発生した4月25日当日、JR西日本天王寺車掌区の職員43人が、事故発生の約3時間後、親睦ボウリング大会を開いていたそうだ。

●43人はこの日、公休だったそうだ。
通常の感覚であれば休みの日に何をしようと自由だろうと思う。
が、「人の命を預かる」という仕事の内容では、
そのような理屈も苦しいかもしれない。

●特に、区長は事故を知りつつボウリング大会に参加していたというのだから、
責任ある立場の者としては厳しいだろう。
TVで事件が中継されていた時に、
遺族の方がJRの職員に
「あんたらさっき向こうで笑っとったやろ!?」
と言っていたのを思い出してしまった。

http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050504it14.htm
posted by SAT at 00:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。