2005年05月10日

都会の電車の餓鬼共

●今日は帰りに電車待ちで並んでいると、隣の列に母親と子供2人が並んでいた。

●電車が来て、ドアが開くと、なんと!餓鬼が横から俺の前を押し退けて席取りに行くではないか(゜o゜)

●歳のせいか席取りにこだわる方じゃなくなってるが、こういう餓鬼と、それを止めない親は許せん(`×´)

●風邪で動きは鈍いとは言え、元々虚弱な私が人並みにいられるのは体動が得意な部分による…
人の流れをさりげなくコントロールして親子を分断するのはわけなかった。

●一人は俺の隣に、2人は向かいに行く事になった。
あーあぁ、反対側で親が、腕一本ぐらいの隙間に割り込んでるよぉ(/。 \)
両隣のおねーさんとサラリーマンが可哀想だ。
親が親なら子も子だねぇ。
posted by SAT at 00:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。