2005年06月07日

技術者を襲うストレスとうつ

●職場のストレスからうつ症状を訴える技術者が増えているそうだ。
記事を引用すると
「実力主義と言うと聞こえはいいが、全てが結果責任で、仕事に時間制限がない。残業、土日出勤が当たり前になっている」。人件費削減目的で裁量労働制を取り入れている企業もあり、評価に不満を持つ技術者は少なくない。
とのことだ。

●この記事では、解決策として
ストレス発散に効果的なのは、「Rest」(休養)、「Recreation」(気分転換)、「Relax」(くつろぎ)――の3つ。よく眠り、気分転換し、ゆっくりする時間を持って緊張をやわらげるといいという。
と述べているが・・・ちょっと待てよ。
記事の最初で時間が無いという事を言いながら解決策には「ゆっくりする時間!?」

●これは別に記事が悪いというのではなく、
我々IT業界の人間が病院に行っても言われる事だ。
しかし、時間が無いのにどうやってゆっくりするのだろうか!?

●こうした矛盾がある状況で、技術者はますます精神崩壊の深みにはまっていく。
IT業界の人間として、私がやってきた方法を紹介すると、
心の持ちようは「死にたくなるぐらい嫌になったら辞めればいいじゃん」
といつも思って来た。
また、仕事はちゃんとやるが、電車でIT系の勉強をするのは
3年目で辞め、興味を持ったことについて色々な本を読むようになり世界が拡がった。
興味がたまたまIT系の場合は、そういった本を読むこともあるが、
あくまで自分の興味の為だ。それがたまたま仕事に役立っても趣味の範囲だ。

●そうして、普段ならバテてしまうたまの休みに、
平日の異動時間に得た知識を実行していく・・・
そして業界とは違う人達に出会い、また世界が拡がっていく。

●そんな風にしてやってきているので、
今のところ何とか生き延びている^^;
「幸せな技術者」が増える日が来ることを祈るばかりだ。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0506/06/news017.html
posted by SAT at 00:39| ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。