2005年07月01日

強気の楽天トラベル

●旅行予約サイトの楽天トラベルが、全国の旅館やホテルに対して、宿泊予約代行の手数料を9月以降、現行の宿泊料の6%から7〜9%に引き上げる方針を打ち出しているそうだ。

●宿泊業界的には、単純に利益率が下がるわけで、
猛反発している。

●楽天がこんなに強気なのは、
ネット予約のシェアが馬鹿にならないところまで来ているからだ。

●利用者としても、通常の電話予約よりネット予約の方が割引になるので、
どうしてもネット予約を利用してしまう。
予約方法も便利で良いのだが、
今回はそれに楽天が乗っかった形だ。

●これは、そのまま楽天の要求が通れば
楽天は大もうけだが、
宿泊業界も黙っていないだろう。
ここで総スカンを食らう可能性もある。

●SEな私の考えだが、
ITってヤツは、今でこそ無くてはならないもののように思われているが、
実は20年も前には無くても問題の無かったもので、
極端な話、全て人間ベースで代行できるとも考えられる。
あくまで「便利なもの」で「無くてはならないもの」ではない。

●そんなIT業界が、
サービスをするのも「人」、されるのも「人」な、
殆ど無くてはならない業界である宿泊業界に牙を剥くのはいかがなものだろうか?
私も「楽天アフィリエイト」とかやりたい人間なので、
どちかというと、楽天側の人間かもしれないのだが、
楽天さんはシッペ返しを喰らわないようにして欲しいものである。

http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20050701nt01.htm
posted by SAT at 18:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。