2005年11月04日

偉大なる子供達

●昨日のライブネタを、
今日は観客の視点から報告しようと思う。

●自分達の演奏が終わった後、
観客としてアマチュアバンドの演奏を聴いていた。

●元気なオジサン達のバンドや、
名古屋から来た、悦に入っているぐらいギターが上手いおねーちゃんがいたりした。

●そんな中、
オヤジさんがヴォーカルで、小学6年生ぐらいの息子がギター。
ドラムも中学生ぐらいなバンドが出た。
息子は、そつなくギターをこなしていた。
大人でヘタな自分と比べると差はデカイが、
そこへダメ押しで、俺の先生が来て
「あの子は俺の生徒なんだよ」
と言うではないか!!
兄弟弟子かよっ><
しかもキャリアからして、息子の方が兄貴な罠(泣

●今度は、最年少ギタリストということで、
7歳の女の子が出てきた。
3歳の頃から始めたらしい。
ヴァン・ヘイレンが好きということで、
ライトハンド奏法が半端じゃない!
1曲目でギターの上手さを見せ付けていたが、
2曲目では、開いた口が塞がらない人がいたり、
笑うしかない人が居たりで、ある意味、阿鼻叫喚の世界になっていた。

●先生の中でも、
「おまえ、負けてんじゃね?」
「いやいや、なんとか大丈夫」
なんて言う話をしているのを聞いてしまったぐらいだから
そのスキルや相当なものだろう。

●世界の広さと、子供の才能というヤツを感じずにはいられない日だった。
posted by SAT at 19:18| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。