2006年01月11日

通勤電車停止でインフルエンザの拡大が減るとは?

●毎日新聞の記事で面白いことが書かれていた。
>新型インフルエンザが出現した場合、
>満員電車での通勤が感染の広がりを速くし、
>患者数も増やすとのシミュレーション結果を11日、
>東京大生産技術研究所と国立感染症研究所の研究者が共同で発表した。
>通勤電車の運行を停止すれば、感染者数が3割程度減るとの結果も出ており、
>発生時の対策をどうすべきかの参考になりそうだ。

●とのことだが、調査をした人も判っている様だが、
実現は難しい。
満員電車を無くすなら是非やってほしいものだ^^

●とはいえ、普段電車に乗っていて
変な咳をしている人がいるのも事実で、
こういう奴に限ってマスクもしないで電車に乗っている。

●そういう時は、こちらがマスクをして自衛するしかない(泣
お互いに気をつけたいものである。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/archive/news/2006/01/11/20060111dde041100080000c.html
posted by SAT at 23:01| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。