2006年01月24日

新聞奨学生繋がり

●今日は彼女の同級生の家で鍋をご馳走になる事になっていた。
昨日の夜に言われて今日である。
相手のダンナの都合も考えちゃいない。
女ってやつはノリで動く事があるから怖い(>_<)

●最寄り駅で彼女と合流してマンションに案内されると、2LDKの広い部屋だった。
さすがに不動産屋に勤める夫婦宅だ(=^▽^=)

●ダンナも歳はそう離れていなかった。
まずは静かに飲んだが、ひょんな事から、ダンナが新聞奨学生をやっていた話になった。
…しかも読売だ!
初めは少ししか話さなかったが、私も経験した話をすると、一気に話しが合ってしまう(^O^)

●私も「へるたす」のネタにしたことは無いのだが、それはつまり、新聞奨学生の経験はやった者にしか解らないので普段は話さないからだ。

●ダンナが言っていた、仕事は朝刊よりも内容的には楽な夕刊の方が辛い気持ちがある→学校が終わって友達が遊びに行く時に、奨学生は店に戻って夕刊を配らなければいけない。
この気持ちは経験者にしか解らない部分で、これを語り合える人にこんなところで遭ったのはビックリだ。

●話しながら、きっとダンナも誇る気持ちはありつつも、誰にも通じない話しをとりあえず忘れた事にしてきたんだろうなと感じた。
事実、私がそうだ(^o^;)

●急な話しで色々あったが、肉親・彼女にも共感できない話しが出来る、この方とは永く付き合っていきたいところだ。
posted by SAT at 23:56| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。