2006年02月08日

ゆとり教育の終止符

●私が子供のころに緩やかに開始された日本の失敗政策
「ゆとり教育」がついに終わるそうで、
国語を重点的に数学にも力を入れるそうだ。

●しかし、教員も「自然減」をするという
政府の方針とは微妙に相入れないような気がしているのは気のせいだろうか?

●民間企業に勤める社員がリストラの波で
少ない人数で大きな仕事をしなければいけない世の中なので、
その影響が教員にも及んでいる・・・と考えていいのか。

●子供の教育に予算を削るのはやはり腑に落ちない。
義務教育で十分な教育が受けられない社会では、
裕福層が子供にお金をかけることにより、
次の世代はスタートラインから大差があり、
今問題になりつつある「格差」が拡がる事必至だ。

●願わくば、
ゆとり教育を終焉させるなら、
従来問題になっていた現実に即した教育を行うようにも改正してほしいものだ。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060208it13.htm?from=top
posted by SAT at 22:44| ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。