2006年02月12日

冬季定期公演2006に行く

●昨日は、私の通う新堀ギターの中でも、
将来プロの卵達が演奏をする「冬季定期公演2006」へ行った。

●彼女と、彼女の弟を連れて行ったのだが、
会場の鎌倉芸術館は、
以前私のギターの先生が公演をした時に行ったので、手馴れたものだ。

●会場は結構入っていたが、
最前列が3席空いていたので、そこに座った。
トイレに行くついでに、合奏団のメンバーを探した。
合奏の時の動画を渡していないメンバーへCD−ROMを渡す為だ。

●Kさんに会ったので、少し話してから歩き回っていると、
今度は海人Iさんがいた。
二人も前に来るようだ。

●開始時間間際に、自席に戻ろうとすると、
そこにKさんとyukaっちさんが居た!
次回のバンドの音源を貰う。
最近オンライン、オフラインで語り合う事が多いせいか、
心の友(ジャイアン風)で、舞台の目の前で思わず抱きつきそうになったのは内緒だ。
このような友人は、他に2人ぐらいしか居ないので、
やはり「仲間」はいいもんだと思った。

●コンサートは非常に良かった。
初めの方は独奏や小グループのセッション系で、
休憩を挟んだ後はオーケストラ形式だ。
一番前で見ていると、演奏者の熱気も伝わってきて、
単に音楽を聴くだけよりも楽しい。

●今回は、アンサンブルと言うものがちょっとサッカーに似ている感もあった。
FWが点を取り(アルトがメロディラインを弾き)
DFがゴール前を固めて(バスが低音を固める)
GKが守護神(ギタロンがルートを確保)
MFがオールラウンドにゲームメイクをしていく(プライムが低音と高音を橋渡し)
そうなると、指揮者は監督なのかなぁ^^;

●学生さん達の演奏なだけに、
「あれっ今間違えたかな!?」って瞬間もあったが、
ある意味、プロよりも温かみがあるコンサートだったし、
教室に通う私共の先輩にあたるわけで、
やはり非常に上手い!
何より、同じ教室から学校へ入った素直な良い子がいたのだが、
「第3の男」でソリストとして堂々と弾いていたのは感動した。

※冬季定期公演2006に行く〜飲み会〜へ続く
posted by SAT at 23:51| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。