2006年03月19日

魂の叫び!

●今日は「町田魂」という私の通っているギター教室のイベントで、
13チーム出るライブの1つとして我等が「生クリーム」が出演した。

●朝から舞台をみんなで組んで、
それから1チームずつセッティングの確認を兼ねたリハーサルだった。
自分達の順番が早かったので、リハーサルもすぐだった。
私のエフェクターセッティングが、マルチ「G2.1u」の方を
左側ボタンを踏むだけで変えていけるようなセッティングに変更したので、
その確認を込めて2曲目をやっていた。
しかし、1曲目の設定から入ってしまったので、
エフェクターの流れが逆になってしまい、失敗した。

●コンビニに昼ごはんを買いに行ってから、
待ち時間を、ギター練習に充てていた。
エフェクターの設定を最終的に見直す。

●15時の開始30分ぐらい前に親父が来ていたので、歓迎する。
彼女はギリギリまで来ないーー;
今回ヴォーカルに起用(スカウト!?)した弟は、
直前までイメージトレーニングをしていた。

●15時に集団合奏の「第五BURN」から始まった。
私共のメンバーだとyukaっちさんが出ているので応援に行く。
曲は超カッコ良くて、みんなが弾かないリードの部分を
yukaっちさんと、yukaっちさんの先生が弾いていて凄かったのだが、
合奏全体としては、みんな下を向いて動きナシで弾いていたので、
ちょっと物足りなかった。
演奏が良いだけに残念><

●しばらくして、自分達の舞台袖入りになった。
エフェクターボードがあるから、とり回しが面倒ーー;
弟は、演劇等で舞台経験のある人だが、
「兄貴と舞台袖に入るなんて、不思議な感覚だ」とコメントしていた。
普通に生きていたらそんな機会無いですから!!^^;

●やはり舞台袖ではyukaっちさんが喋っていた。
「生クリーム」のムードメーカーだ。
今回は「生クリーム」として2回目という事もあり、
前回ほどガチガチな雰囲気ではなくて、その点は気楽だった。
私は、自分達の音楽を「どう表現するか?」を考えていた。

●前のバンドが1曲だったので、予想より早目に入る事になった。
結構今回の待ち時間は好きだったので、ちょっと物足りないかも^^;

●舞台に立つと、まずセッティングだ。
ちょっと私のギターのボリュームが大き過ぎる気がするが、
ソロの部分を活かす為に、マスターの設定はそのままにしてもらって、
手元のボリュームで音を絞る。
全体と合わないとしょうがないので、1回yukaっちさんにも音を出してもらった。

●そして演奏開始だ!
1回キーを高くするタイミングを間違えたのは内緒だ。
1番を弾き始めていると、どうもお客さんのノリが悪い事に気付く。
折角やるのだから、それじゃ悲しいと思う。
ソロの部分で、弟に絡みに行くことにして、
バンドの「楽しさ」を演出してみる。
ソロは後半微妙に間違えたのだが、あんまり影響の無いように
誤魔化してまとめてしまった部分は、技術的にはちと痛かった><
エンディングでyukaっちさんがソロでまとめている間、
私はGのパワーコードを伸ばすだけで空いているので(笑)
前回は2曲目のエンディングでやった背中の「ロック魂」を見せる
アクションをやった。
今回は、ストラップで見えないと言うことの無いように、
エレキギターを上に掲げた。
この辺は、今回から導入したワイヤレスシステムのお陰で、
シールドの事を全く気にする必要が無く行えて良かった♪

●2曲目はバラード曲だ。
英語なので言葉の意味が取り難いとは言え、本来は明るい曲じゃないので、
あんまり悪ふざけは出来ない^^;
昨日の練習で、音の切り替えを2アクションにしたので、
http://sat.seesaa.net/article/15049746.html
難易度が高い。
やるまい、やるまいと思っていたが、前回と同じミスをやってしまった。
クリーンの単音で入らないといけないところで、
BOSSの「OD−2」による歪が切りきれてなくて、
歪んだまま入ってしまった><
まさに「切れてナーイ」という状態だ(泣
唯一の救いは、前回と同じ場所ではなくて、
前回ほどは影響の無い部分だった事だ。
しかし、私は「痛てぇなぁ」と思っている間に、
マルチ「G2.1u」の方のスイッチを2回踏んでしまい、
戻そうと思って禁断の右側スイッチを踏んだ時に
ボリュームペダルを踏んでしまった><
これで一瞬音が途切れた!
すぐに直したが、ホントにマルチエフェクターは難しいと思った。
次回はラインセレクターシステムを導入しよう。
エンディングは、1曲目とは違うノリだが、
弟に絡みに行った。
2曲目は弟が表現力で演出している曲だったので、
「良かった〜」という感じで行った。

●こうして2曲終わったが、
良かったのは、2曲目に入った辺りから
お客さんの寒さが初め程じゃなかったことだ。
彼女や親父、更にはベーシストの外人な旦那さんと
演奏中に目が合い、笑いあったりしていたのが良かった。

●みんなで楽屋に帰って、
汗だくで燃え終わった後だった。
話を聞いてみると、弟のマイクスタンドが緩んで落ちて行き、
それを右手で抑え続けてカバーしていた話とか、
ベーシストが「1箇所間違えたー」とか話していたりとか
(上述の通り、私は1回どころではないーー;)
みんなトラブルと闘ってたんだなぁと思った。

●全体として、前回よりレベルの高い演奏になったと思い、
その点で非常に良い一日だった。
またみんなでやっていこうと思う!

100bg
posted by SAT at 23:54| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。