2006年02月06日

耐震強度偽装のニュースを受けた人々は・・・

●読売の記事で、耐震強度偽装事件を受けて調査をした結果が出ていた。
「マンション買うなら大手財閥系」が7割ということで、
こうなってしまった背景に思いを馳せられない結果に恐怖を覚える。

●耐震強度偽装事件は、
販売元、建築士、確認企業、施工者がそれぞれに
悪さをしているところが問題だ。
しかも、下流工程に流れれば流れるほど身動きが取れなくなってくる。

●本質的には、1社で仕事を請け負わず、
外部委託をする点に問題があると私は見ている。
途中に入る業者が多くなればなるほど、
払われたお金が商品のコスト(ここでは、土地・建物)以外に使われることになり、
足りない分は仕事で儲けを出さなければいけない以上、
手抜きをせざるを得なくなるわけだ。
また、責任の所在も曖昧になってくる。

●となると、信用の置ける形は
1社で販売・設計・製造を受け持ち、
仕事の内容を調査する部分だけ外部の機関が行う。
この形しか無いように思えるのだが、如何なものだろうか!?
>大手を希望する理由は、「瑕疵(かし)担保責任を負える信用がある」(70%)が最も多かった。
という結果も頂けない。
会社は社長の物であってそうではない。
これは、都合の良い時は会社の資産にし、
悪くなると個人の資産にして逃げ切れる事を意味する。
今回の問題でも、ヒ社の元々の資産と、発覚後の資産に乖離が見られる。

●今回の事件で
「マンション買うなら大手財閥系」
となってしまっては、建築業界の抱える問題に
ますます拍車がかかってしまう気がしているのは私だけだろうか><

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060205i213.htm
posted by SAT at 00:42| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どーもども、お久しぶりです。

今回の耐震偽装問題は自民党森派、公明党(というか創価学会)と官僚の癒着が根本だと思っています。
そもそも構造設計書の偽装を見抜けない、文系人間が申請許可を出す事がまかり通っている事が問題ではないでしょうか。いずれにしてもまたまた天下りと政治が絡み合った構図です。ホント、ある役職以上の公務員なんて全員クビでも役所の作業は回ると思うけど。どうせ外注が実作業をやるんだろうから。
Posted by ZX-12R at 2006年02月07日 11:25
ZX-12Rさん
お久しぶりです。

やはり公務員も外注を使っているんでしょうか?

私は、今回の事件が建築業界の問題で氷山の一角な気がしてなりません(>_<)
個人的に今回転職して、今までのように客先常駐が無くなり、仕事場が固定になりますが、この考えがあるので、あと2年は田舎の格安マンション賃貸を継続することにしました。2年後に安心して買える家があることを祈るばかりです。
Posted by SAT at 2006年02月07日 11:50
>やはり公務員も外注を使っているんでしょうか?
たとえば我々の業界だって役所のシステム開発って役所自身が開発しないと思いますが。

>私は、今回の事件が建築業界の問題で氷山の一角な気がしてなりません

政官癒着が根本ですから、当然氷山の一角です!
今回の件を我々の業界で例えると、昔COBOLプログラマーで、Javaは聞いたことある程度の人が今は定年後の再就職した先でJavaのソースレビューをしているようなもんでしょうか。何も分からないからレビューOKのハンコを押しまくっていたと。ハンコを押すのが仕事になっていたと。そしてその責任は取らなくてもいい事になっていたと。その制度を作ったのは官僚であり、それを許してきたのが(献金の見返りとして)政治ではないでしょうか。
第三者から見ればきっと経験30年のコンピュータ技術者が精査をしているように見えるのでしょう。

今回は政官なのできっとうやむやでしょうね。民主党が頑張っているけど、以前通産省のおえらいさんがインサイダー取引で問題になったけど、結局刑事告発されなかったもんね。今回のホリエモンより悪質だと個人的に思ってるけど、それが無罪放免だもんね。

ちなみにマンションはバブル期に建築されたものがいいみたいですよ。鉄筋ひとつとってもチタンコーティングされていたりしてとても錆に強いそうです。
バブル後に建てられたヤツは、素のままの鉄筋に洗浄していない砂(塩がいっぱい含まれている)に、水を大幅に割り増しした通称シャブコンで作られているので、構造計算を偽造してなくても、10年もすれば鉄筋はボロボロだそうです。
すると1988〜1991年位までと2007年以降に建築されたものなら大丈夫かもしれませんね。
あ、あくまでも推測ですよ。念の為。

それではまた〜。
Posted by ZX-12R at 2006年02月07日 14:50
>たとえば我々の業界だって役所のシステム開発って役所自身が開発しないと思いますが。
おおっ!なるほど!
そういえば私も飛行機乗って鳥取県庁に行きました。

>そしてその責任は取らなくてもいい事になっていたと。その制度を作ったのは官僚であり、それを許してきたのが(献金の見返りとして)政治ではないでしょうか。
責任を取らなくて良い日本の政治制度はホントおかしいですよね。
最近は医療ミスとか、我々であれば個人情報保護法とか、建築業界もそうなりつつありますが、
責任を個人に取らせる世の中になってきているのに、
政治だけは何故か全く責任が無い・・・

>今回は政官なのできっとうやむやでしょうね。民主党が頑張っているけど、
私も自民よりは民主党派ではありますが、
民主党の不味いところは、突っつく事に躍起で、自分達が自民党と逆行するという事を打ち出さない事です。
肝心なところは曖昧な政党><
これではパンチが弱いです。

>以前通産省のおえらいさんがインサイダー取引で問題になったけど、結局刑事告発されなかったもんね。今回のホリエモンより悪質だと個人的に思ってるけど、それが無罪放免だもんね。
ホリエモンはちょっとやり過ぎちゃったかなという感が否めません。
しかし、お偉いさんは揉み消しが激しいですね!

>バブル後に建てられたヤツは、素のままの鉄筋に洗浄していない砂(塩がいっぱい含まれている)に、水を大幅に割り増しした通称シャブコンで作られているので、構造計算を偽造してなくても、10年もすれば鉄筋はボロボロだそうです。
そんなに最悪なんですか!?
ただでさえ価格を割り増ししている住宅業界が、
そこまでしてコストダウンして儲けを出しているのが納得いきませんね><

>すると1988〜1991年位までと2007年以降に建築されたものなら大丈夫かもしれませんね。
うーん。
自分でも記事書いちゃいましたが、
結局構造は変わらないんでしょうかね?
だとすると、2007年になってもまともな家は建てられないって事かもしれません><
Posted by SAT at 2006年02月07日 15:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12840787
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。