2006年02月09日

耐震強度偽装問題 やはり氷山の一角か

●姉歯元建築士とは関係の無い耐震強度に問題がある物件が見つかったそうだ。
現時点で、
>「意匠の設計変更を受け、最初からやり直さず計算したため連続性がなくなった。偽装はしていない」
としているが、偽装の有無に係わらず、強度が無ければ家に住む方にとっては同じ問題だ。

●前回の「耐震強度偽装のニュースを受けた人々は・・・」という記事で
ZX-12Rさんとのコメントのやり取り中、
>私は、今回の事件が建築業界の問題で氷山の一角な気がしてなりません
と書いたのだが、それが早い段階で現実化してきたようだ。
http://sat.seesaa.net/article/12840787.html#comment

●新聞記事の書き方の問題かもしれないが、
国交省幹部の弁で気になる点があった。
>「このまま順調に調査が終われば姉歯元建築士の『個人犯罪』として区切りがつくはずだった」(国交省幹部)が、
>サムシングの偽装発覚で「底が見えなくなってしまった」(同)
国土交通省には「この機会に膿を全部出してしまおう」という気持ちは無いのだろうか?
BSEの問題の時に、TVの前で牛肉を食べて「安全です」なんて言っていた人がいたが、何も変わっていない。
目先の安全保証をされたところで、誰も何も信じられない。
今回も「姉歯元建築士、木村建設、平成設計、ヒューザー、総合経営研究所」の関わった物件を調査するだけで
「全部安全です」なんて言うつもりだったのかと思うと、「官」の姿勢が恐ろしい。

●幸か不幸か、今回の発覚で膿を出す方向になる可能性が出てきた。
懸念事項は、また自宅を追い出される人達が現れるのだろうか・・・という部分だ。
対象者は、家が無いのに家を持ったのと同じローン(現時点で。この問題の制度が変わらない限り)を抱えさせられる事になる。
その他大勢の人。関係の無い自宅を持つ人だけでなく、更に関係の無さそうな私のような賃貸利用者も、
実は結構な被害を被っており、これからの自宅購入に対する心理だけではなく、
国交省が行う調査に対する費用、被害者への補償(まだローンまで免除は無いが)これらは
「その他大勢」の税金から払われている。
昨日の記事にも書いた、大事なところへの予算も削られている現状で、この出費は痛過ぎる。
これは私共への「増税」という形ではね返って来るからだ。
このような悲劇は2006年を最後に終わらせて欲しい。

http://www.sankei.co.jp/news/060209/morning/09iti003.htm
posted by SAT at 12:13| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そーいや、被害にあったマンションの建替え費用(だったかなぁ?)が1世帯 3900万ほどかかるらしい。

その費用は住人負担らしく。
(たしか、公的な補助が入った残金らしいので)
とてもじゃないけど、払えないって。

そうだよねぇ。もともと住宅ローンかかえた上にその金額がのっかるんだもん。
Posted by たけこん at 2006年02月09日 15:14
住宅とローンがセットなのに紐付いていない日本のおかしな仕組みによる弊害ですよね。

被害者は賃貸物件を借りるにしたって家賃を取られますしね。
かといって、被害者ばかり優遇しては、
まだ家を買っていない人からの不公平感が爆発します><

この機会に、物件以外に責任を負わなくて済む
ノンリコースローンの普及を待ちたいところです。
Posted by SAT at 2006年02月09日 16:19
てゆーかさぁ。
住人はローンを支払い終わるまで、そのマンションが銀行に担保にとられてるんでしょ。つまり、支払わなければ所有権が銀行に移ると。
払わなきゃいいじゃん。担保価値のないものに担保を設定したのは銀行なんだから、銀行にもその責任の一端を担わせたらどう?
耐震偽装がない物件なら銀行はマンションを持ってちゃうでしょ。そんで売り払って債権を回収とするでしょ。
偽装が発覚して担保価値がないと分かったら住人にその責任全てを押し付けて、とにかく現金で回収しようってのはムシが良すぎると思うんだけどなぁ。
住宅とローンが紐付いていないって書いてあったけど、不動産の登記簿を見れば、銀行が最優先の抵当権を設定しているでしょ。という事は紐付いているって事じゃないの?
なんでそうしないんだろう。出来ない理由があるのかな?自己破産が前提になるとか・・・。誰か教えて。
Posted by ZX-12R at 2006年02月09日 18:35
>不動産の登記簿を見れば、銀行が最優先の抵当権を設定しているでしょ。
そういえばそうですよね。

>なんでそうしないんだろう。
おそらく、最近ニュースで言われている「しばらくの間返済を免除」が効いているんじゃないですか?
あれは世論がうやむやになった後に銀行がローンを取り続ける罠だったように思います。
今回の事件で蒸し返されたので今後の動向に注目ですが。

確かに銀行がローンを組む時に担保価値を調査していますよね。
んで、大体8割まで出す。
ってことは、残りの2割は被害者が頭金として払っているわけで、責任は十分な気がします。
残金は銀行が欲しければ建築士や会社を締め上げて徴収すればいいと思うのは感情的かも・・・

余談ですが、住宅公庫の支払を滞納すると給料まで差し押さえられるようですから、
今回公庫から借りた人は「払わない」選択肢も厳しそうですね><
Posted by SAT at 2006年02月09日 19:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。