2006年02月12日

冬季定期公演2006に行く

●昨日は、私の通う新堀ギターの中でも、
将来プロの卵達が演奏をする「冬季定期公演2006」へ行った。

●彼女と、彼女の弟を連れて行ったのだが、
会場の鎌倉芸術館は、
以前私のギターの先生が公演をした時に行ったので、手馴れたものだ。

●会場は結構入っていたが、
最前列が3席空いていたので、そこに座った。
トイレに行くついでに、合奏団のメンバーを探した。
合奏の時の動画を渡していないメンバーへCD−ROMを渡す為だ。

●Kさんに会ったので、少し話してから歩き回っていると、
今度は海人Iさんがいた。
二人も前に来るようだ。

●開始時間間際に、自席に戻ろうとすると、
そこにKさんとyukaっちさんが居た!
次回のバンドの音源を貰う。
最近オンライン、オフラインで語り合う事が多いせいか、
心の友(ジャイアン風)で、舞台の目の前で思わず抱きつきそうになったのは内緒だ。
このような友人は、他に2人ぐらいしか居ないので、
やはり「仲間」はいいもんだと思った。

●コンサートは非常に良かった。
初めの方は独奏や小グループのセッション系で、
休憩を挟んだ後はオーケストラ形式だ。
一番前で見ていると、演奏者の熱気も伝わってきて、
単に音楽を聴くだけよりも楽しい。

●今回は、アンサンブルと言うものがちょっとサッカーに似ている感もあった。
FWが点を取り(アルトがメロディラインを弾き)
DFがゴール前を固めて(バスが低音を固める)
GKが守護神(ギタロンがルートを確保)
MFがオールラウンドにゲームメイクをしていく(プライムが低音と高音を橋渡し)
そうなると、指揮者は監督なのかなぁ^^;

●学生さん達の演奏なだけに、
「あれっ今間違えたかな!?」って瞬間もあったが、
ある意味、プロよりも温かみがあるコンサートだったし、
教室に通う私共の先輩にあたるわけで、
やはり非常に上手い!
何より、同じ教室から学校へ入った素直な良い子がいたのだが、
「第3の男」でソリストとして堂々と弾いていたのは感動した。

※冬季定期公演2006に行く〜飲み会〜へ続く
posted by SAT at 23:51| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大船は学生時代の遊び場的なところだったので、特別な感情があります。もちろんその頃に鎌倉芸術館はなかったですが・・・。松竹の撮影所だったりしたのかな?演奏会はもちろん素晴らしかったのですが、私は教室の受付の身でありながら、主任に留守番を任せて、聴きに来ていた手前、ヘンなプレッシャーと戦いながら観てました。から手では帰れない、この演奏会で自分のモノに出来るもの探さなきゃって。そんなプレッシャーからすぐに解放されるような演奏の数々で。あっ、教室に帰ったら、主任から恨み言いっぱい聞かされたケド。
演奏会の最中にSATさんの席がわかったので、音源を渡しにいこうと思っていたら、見つけてくれて・・・・あれは、嬉しかったです。アメリカなら良かったのにねっ!さすがに舞台より目立っちゃいけないって思ったから・・・彼女もいらっしゃったしね。でも、かなりドキドキした出来事でした。仲間って呼んでくれてありがと!SATさんも私にとって大切な仲間の一人です。私も数少ないけどね。数じゃないよね!
『第三の男』でソロを弾いていた教室の男子は、4月からの私の学校での先輩です。エレキの先輩でもあります。彼の姿勢はとっても素敵です。励まされる出来事がたくさんありました。うんうん、頑張ろー!!
Posted by yukaっち at 2006年02月13日 17:59
あれっ!?
yukaっちさんは学校が大船だったんですか!?

しかも、鎌倉芸術館って昔からある物だと思っていたら、結構最近の建物なんですね。
主任の恨み言はスルーです!生徒に行かせましょう♪(主従関係に無いのを良い事に言いたい事言ってます 笑)

私もかなりオープンな性格をしているところがあるので、
仲間で抱き合ってもやましいと思わないのですよ。
彼女がヘンに妬いていたのが「一人身じゃないなぁ」と痛感させられました^^;

S君が4月から先輩ですか。
高校生なのに奇妙なものですーー;
しかし、一つの業界に関して一つでも尊敬できるところがあれば、
歳の差は関係なく先輩で良いですよね♪
yukaっちさんは4月から私共の先輩にもなっていくわけですが、
教室で先生になった時には宜しくお願い致しますm(_ _)m
Posted by SAT at 2006年02月14日 17:36
学校は、六会です。あっ今は六会日大前。今は統合になってなくなってしまった公立高校に通ってました。大船は教習所に通ってました。いちおう学校か。なんか、来年から藤沢に通う事もあるし・・・私にとってはゆかりのある土地なんだろうな・・と思ってしまうんですよね。
先輩が年下っていう感覚・・・私にとっては不思議ではないのです。教室の先生方は私よりずっと年下だけど、仕事の先輩だし、音楽家としては大大先輩。年齢差を気にして、言うべき事も言えない関係を作ってしまったら、教室にとって大きな損を与えてしまうから、みなさんに言っていただける雰囲気を・・・全然作ってないのに、言って下さいます。なぜだろう???
主任とはすっかりいいムードで(あっ、いい上司と部下って感じね!)仕事してました。今日の拘束時間は11時間。視察が近いからピリピリしながらも、彼はいい雰囲気をかもし出して、今日も笑いが止まらない仕事をしてました。少しずつ信頼を得ながら仕事を覚えてる最中です。
あははぁ〜!!先生になっても、変わらないね、私はきっと。生クリームのギタリスト続けて行くよ、絶対に。忙しくて足を引っ張るようになったら考えるけど。学校に行くから、頑張って覚えて、みんなにシェアして行きたいな。とにかく、仲間と音を楽しんで行きたいなと。腕を上げなきゃ。仲間がいるっていいねって自主練してて思います。一人だとあーぁって思うけど、みんなも頑張ってるって思うと、なんだか張り合いが出ます。ではでは〜!
Posted by yukaっち at 2006年02月14日 22:48
六会日大前って、地元バリバリですね!
地元に学校とかある人が羨ましい地方の人です^^;
藤沢がゆかりのある土地ですか。
やはりみんなそういう土地があるんでしょうか?
私は川崎から離れられません。
川崎から引っ越してきたのに勤務先が川崎になったりする罠がありました。
今度の転職で川崎とは全然違う場所になりますが、それでも川崎に行くのかどうか微妙です。
そういえば私も二十歳から今の仕事をしているせいか、年下だけど先輩な事が多い罠です。
始めはとまどいもありましたが、慣れますね^^
11時間勤務は普通のサラリーマンと同じですね。
ハードに働いているって感じです。

と、そろそろ病院でタミフル貰ってきます!
Posted by SAT at 2006年02月16日 10:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13230708
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。