2005年01月20日

ニートとは何だ!?

ニートというのが社会問題になってきているそうな。
ニートとは、
「学校に行かず、働きもせず、職業訓練も受けていない若者のことで、Not in Education,Employment or Trainingの頭文字を取った言葉」だそうだ。
フリーターはアルバイトをしているので、ニートとは違うらしい。
ニートは働かないでも食べていけるからそうなっているわけで、
ある意味幸せな人達かもしれない。
毎日、小旅行でも出来そうな距離を通勤して夜遅くまで働いている私としては
羨ましい面も多々ある^^;
しかし、「先行きが不安で両親を殺害!」等の事件が過去にあったように、
ニートだからといって気楽なばかりでもないようだ。
今日引き合いに出したMSNの記事では、
社会の雇用や本人達の自信といった問題点に注目していますが、
その根底には、働く事を意識させてこなかった教育に問題があるような気がしてなりません。
ゆとり教育の問題が顕著化してきたように、
教育の場と社会とがあまりにもかけ離れてしまって、
若者がいざ働くという時に、その温度差が耐えられない
という事は無いでしょうか?

今、私どもの若者世代と呼ばれる世代は
「働かなければ食べられない(ニートは食べられるのだが、それもいずれ終わる)」
「収入が増えれば出来る事も増えてくる」
といった基本的な仕組みを強く意識して働いていかないといけないのかもしれません^^

http://money.msn.co.jp/column/columncon.asp?nt=7&ac=fp2005011944&cc=23
posted by SAT at 12:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。