2006年04月13日

ユダ裏切ってない?

●ちょっと前の記事になるのだが、
一つの宗教の歴史が覆るような話が上がっていた。
キリスト教の「イエス」を裏切ってローマに引き渡したとして語り継がれている「ユダ・イスカリオテ」が実はイエスの指示で行ったという話だ。

●なにぶん、西暦元年頃の話なので
今にして思えば歴史があやふやでもおかしくはない。
しかし「裏切り者」として話の引き合いにだされていた人物が
実は違ったとなると、色々修正が必要でなかろうか。

●お気楽に考えてみると、
ある漫画で「ユダ」は
「南斗六聖拳「妖星」の男。美と知略を誇るナルシストで、裏切りの宿命を背負う。」タイプだ。
別の漫画では「イスカリオテ機関」と言って、wikipediaから引用すると、
「裏切者イスカリオテのユダの名を冠した、ヴァチカンの保有する唯一にして最強の戦力であり、カトリックの地上における神罰代行者として、悪魔、化物、異教、異端の殲滅を存在目的とする。」
という話がある。
また別の超有名漫画では
「イエスを磔台へ送った13番目の男」という説明が使われている。

●はい!
全部の漫画のネタが解った方は回答を下さい!!

●何はともあれ、歴史の見解が変わるというのは
興味深いことだ。
30bg

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20060407i301.htm
posted by SAT at 23:34| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新しい福音書が見つかって復元されたってやつだね。こないだナショナルジオグラフィックで特番やってたけど、2時間も引っ張ったのになんか煮え切らない内容でしたよ。ちと残念だった。
Posted by Odakaz at 2006年04月14日 00:57
結構歴史が覆るし、
資料だけではなかなか断言できないのかもしれませんね〜ーー;
Posted by SAT at 2006年04月14日 01:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。