2006年04月14日

子供が居ると割引券!?

●子育て世帯へ買い物の割引を行う制度が始まっているらしい。
石川県など一部の自治体が先行していたのを国が後押しする形だそうだ。
波紋は広がり、九州や神奈川の厚木でも行うということだ。

●これは非常に良い制度だと思うが、
「割引になるから子供を作りましょう」とはならないかな。
まぁ、誰もそんな事は考えないわけで、
こういった形でちょっとずつ負担が軽くなってくると
ボクシングのジャブみたいに効いて来るんだろう。

●面白いのは、地域から始まった点と、
厚木のケースでは県が行っているのではなくて市が主体となっている点だ。
「地域」の重要性は見直されてきていて、
特に、国というより住んでる人達が実感していると思う。

●今回のような優待制度で増えた子供達が、
他の県や市に取られてしまうようでは地元はあまり美味しくないのだが、
このような形で「住んでいてメリットのある街」を目指していけば
地域も住民も幸せになれるのかもしれない。
50bg

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/mixnews/20060413ok0c.htm?from=os1
posted by SAT at 00:08| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば、児童手当支給の年齢引き上げで、手続きせいよって通知が来てました。ま、優遇措置をとるだけで少子化に歯止めがかかるとは思わないけど・・・。でも、ありがたい通知ではありました。長い目で見ると同じだったりして・・と少し斜めから見ちゃうけど。
あ、何年か前、知り合いが「中学の給食があるから」という理由で大和市に引越したことがあります。ま、川1本渡ると大和市っていう横浜市に住んでたからなぁ。
Posted by yukaっち at 2006年04月17日 00:27
大和市は治安の悪い事と、飛行機騒音と新宿以外の都内へのアクセスが悪いことを除けば住みやすいところですからねぇ。
少子化対策は、ひとつやふたつの対策で対応できるものではないと思いますので、
こうした対応の積み重ねを期待したいです!
Posted by SAT at 2006年04月17日 00:55
こういう制度って、子供がいる家庭にはラッキー♪
と思うのだけど、だからといって
「じゃぁ、子供つくろう!」と思えるほど
インパクトは無いんだよね。残念なことに。

ちと考えてみたんだけど、日本人って流行に敏感じゃない?
だから、芸能人で、
「子供沢山つくって、ハッピーに暮らしてます!」
みたいな人が何人も出てきたらどうだろう?
それが、ファッションリーダじゃなく、
子育てリーダみたいな感じで、世論をひっぱっていけばどうだろう?

子育ては大変そう・・・とメディアが不安を
あおるばっかりだから、ダメなんだと思うんだ。
Posted by たけこん at 2006年04月17日 09:45
うちのような1K住宅では、子供は相当遠いかと思います。
制度・住宅の面で日本の事情はまだまだと思っています。
TVが写るようになって1年半。最近ようやく自宅にTVの環境が整ってきましたが(近いうち記事にします)
ゴールデンで子育て関係の番組は皆無ですよね。
何も無いところから子育てを頑張るドラマとか
「あるある」ばりに子育てのテクニックを紹介するような番組が
あってもいいのかなと思いました。
Posted by SAT at 2006年04月17日 12:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16546471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。