2006年05月17日

隣の家の芝は青い 〜キヤノンカメラのレンズ発売〜

●キヤノンから「EF-S 17-55mm F2.8 IS USM」というズームレンズが発売だそうだ。
価格が15万と高めだが、現時点でズームレンズでは「最強か!?」と思われる。

●Nikonからは「AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)」
と呼ばれる、9万円と安くないのにバカ売れで
今でも手に入り難いズームレンズがあるのだが、(私も欲しぃ)
万能かつ手ブレ補正とはいえF3.5-5.6はチト悲しい。

●そこに、この「EF-S 17-55mm F2.8 IS USM」だ。
全域で明るさF2.8を確保できる。
しかも手ブレ補正つき。
広角側から一般的なズーム域となる。

●実は200mmってあんまり使わないことを考えると、
こちらのレンズの方が魅力的に思えてしまう。
「15万はちょっと・・・」という方には
タムロンから「17-50mm F2.8 XR Di II」というのも18日に出る。
こちらは57,750円だ。
手ブレ補正が無いのだが、
最近使ってみて思うこと。
一眼レフで手ブレ補正は重要か!?

●ブレる時は「被写体ブレ」の方だ。
暗いところで、シャッターを遅くしないといけない時に
被写体の方が動いてしまう。
そう考えると、タムロンもアリだ。

●NikonのD50ドップリな私だが、
キヤノンカメラで、
この二本のレンズ発売はちょっと羨ましいぞ!

●とはいえ、シグマの万能レンズで頑張る私は、
室内撮り用に単焦点の明るいレンズが欲しいなぁと思う
今日このごろでした〜
70bg
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/lens/2006/05/15/3794.html
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/ef_s/ef_s17_55_f28/index.html

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/lens/2006/05/15/3799.html
http://www.tamron.co.jp/news/release_2006/news0515.html
posted by SAT at 00:13| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェレの画像を綺麗に撮ってるHPがあって、一眼レフ使ってるんですよね。
ちょっとした表情が自然な形で撮れるので、ワタシも欲しいなと考え中だったのです。
だって。。。カメラ持って近寄るとどんどんカメラに向かってくるんだもん。
(´ x `|||)
参考にさせてもらいます。
(o・・o)/~
Posted by イヴ at 2006年05月17日 17:16
イヴさん
コメントありがとうございます。

どこのHPでしょう?
ちょっと気になります〜

一眼レフは、ズームで焦点を変える時に
レンズを回して動かすので
コンパクトデジカメ等とは比べ物にならない速さで焦点が変わります。
フォーカスも速いし、
良し悪しはあれど、動いている物体にリアルタイムでフォーカスを合わせていく機能もあります。
フェレットの動きに対応するにはこれが良いかと♪

D200がグランプリになりましたが、
お手軽に入るには
D50が安くて性能も良く入りやすいかもしれません。
Posted by SAT at 2006年05月21日 10:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。