2006年05月29日

FirstBerryを観る 〜カメラマン編〜

「FirstBerryを観る」で、写真を撮って送ってやろうと思い、お馴染みNikonのD50を用意していた。
レンズは「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC」と「Ai AF Nikkor 50mm F1.4D」だ。

●開始前の調整で開場を撮ってみるのだが、
照明の関係もあって赤く写ってしまう。
こりゃまずいという事で、WB等を調整してみる。

●ライブが始まると、意外に照明は安定して明るくなってきた。
とはいえ、薄暗い雰囲気を作っている喫茶店なので
屋外とはわけが違う。

●手ブレてしまうので、シャッター速度を上げる。
上げすぎると暗くなるので、戻したりする。
「SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC」でも、まぁまぁ撮れるようだ。

●しかし、中域はやはり「Ai AF Nikkor 50mm F1.4D」の出番。
こちらは明るいレンズの為、シャッター速度が稼げる。
何度か試行錯誤していると、F2ぐらいが引き締まって良かった。

●「むうにぃ」と「おっくー」が歌っている時、
歌はロングトーンを狙うとブレにくい。
こればっかりは被写体ブレなので、
手ブレ補正とかあっても仕方ない話だ。タイミング命。

●200枚ほど撮り、2/3ぐらいは失敗だが、
逆に5,60枚は上手く撮れ、
ベストショットが数枚という感じだった。
もっと上手くなりたい・・・

●三脚ではムービーで撮っていたが、
さすがに連続撮影で1時間は電池が持たなかったようだ。
とりあえずキレイに撮れている。

●さーて、これを「MixBerry」に送ってあげるとするかぁ♪
100bg
posted by SAT at 02:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。