2006年06月12日

村社会へ戻りたい

●人間関係が希薄になっていると思う人は80%になるそうだ。
町村でも75%と、都会に限った話ではない。

●確かに、余計な干渉をされないのは楽な話だ。
しかしそれは逆に、他人に無関心。
無関心なので、迷惑を掛けても気にしないということだ。
最近越してきた隣の住人が夜中の3時に帰ってくるらしく、
その時間から朝方まで非常にうるさい。
怒鳴り込もうかとも思うのだが、
どうもまっとうな仕事をしているようでもなく、
トラブルにでもなったら、行くところまで行かないと終わらない気がする。

●人間関係の希薄さによる一番の被害者は子供だと思う。
私が子供の頃には周りに大人がなんとなく居たものだ。
今では大人が気にも掛けないし、
地域の隙間になってしまっているようなところで
子供が誘拐されたりする。

●働いていない大人はロクなのが居ないし、
働いている大人は時間が無いか疲れているか壊れているかのどれかだ。
子供が安心できる世の中じゃないと未来が無いんじゃないかなぁ。
76bg

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060611i213.htm?from=main2
posted by SAT at 00:06| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺が思うに田舎に戻っている人間の半数以上がチャランポランな気がするよ。
しかしながら人間味を感じる瞬間は田舎の方が多い気がする…
色々な意味で田舎には俺も魅力を感じるね。
当然田舎ならではの大変さも感じるんだろうけどさ…
Posted by リョウ at 2006年06月12日 21:21
都会は仕事も遊びも余裕が無いですからね><
何かに追われているような生活だと思います。
そういうものが無い大人の方が魅力あると思いますよ^^
田舎は田舎で村社会が大変ですが^^;
Posted by SAT at 2006年06月26日 07:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19142263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。