2006年07月11日

FIFA2002もう一つの決勝戦

●今日は、録画してあった「奇跡体験!アンビリバボー」を観た。
「2002もう一つの決勝戦」ということで、
2002年のワールドカップの時に行われた
FIFA公認の最下位決勝戦の話を取り上げていた。

●あるオランダ人が、
「最下位の決勝戦をやったら面白いかも」ということで、
始めた企画で、
当時FIFAランク203位のモントセラトと、
202位のブータンの試合を組むために奔走する話だ。

●始めは面白半分だったのだが、
火山の被害に苦しむモントセラトの実情と、
ブータンの首相が動いたり、
韓国からやってきたブータンの監督がガンに侵されながらも
ブータンの選手に勝たせたい一心で選手を鍛え、
決勝戦を見ることなく亡くなってしまったりと、
面白半分では済まなくなってきた。

●本人もこういった実情に触れてだんだん本気になり、
スポンサーも取り付けてやっとのことで、
試合ができ、みんなが勇気付けられ、国民同士も仲良くなったという
良い内容だった。

●特に誰とは言わないが、
ホントの決勝戦で頭突きとかしている選手に見せたいものだ><
80bg
posted by SAT at 23:59| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんな試合あったんだね。。。
知らなかったよ。
美談。。。それに尽きるねw
Posted by リョウ at 2006年07月12日 11:02
これ、俺も見てた。何か、別の番組でもやったような気もしたけどw

こういう話は、大好き♪

頭突きをした選手に関しては、温かい目で見てやって(ノД`)シクシク

いろいろあるんです…
頭突きは、許されることではないけど。
Posted by 蒼い怪鳥 at 2006年07月12日 20:20
自分もたまたま観てた。
いい話だったね♪

頭突きに関しては蒼さんと同意です(;^_^A アセアセ…
Posted by 真田 at 2006年07月12日 23:06
頭突きの選手はもったいないですね〜
何を言われたにしろ、衆目監視の中で手を出したら、何と弁解しようとその行為は正当化されるものではありません(>_<)
ワールドカップがあのような幕切れになってしまい残念です。
Posted by SAT at 2006年07月13日 08:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。