2005年03月16日

自己中心で刹那的

今の高校生は可愛そうだ。
記事の中で、

>将来への希望を問う設問では、「将来は輝いている」「まあよいほうだが最高ではない」と答えた割合は中国が80%と最も高く、日本は54%で最も悲観的であることが分かった。
> さらに、勉強については「平日、学校以外でほとんど勉強しない」が45%(米15%、中8%)、「授業中、よく寝たり、ぼうっとしたりする」も73%(米49%、中29%)と、学習意欲も米中に比べて明らかに低いことが裏付けられた。

との記述があるが、
大人の我々も今の日本は良い方向に向かっていない事を知っているが、
高校生達でも解っているという事ではなかろうか?
更に、勉強をしないのも、そのような環境にあるからだろう。
自分自身そうで、高校の時にはほとんど勉強をしない子だったが、
高校を出てから今に至るまでが必死に勉強をしないといけない
ハメになってしまった><
自分に必要な勉強を考えて実行するうちはまだいいが、
その事にも気付けない若者も多いわけで、とても可愛そうだ。
よく、高校のスポーツ等は監督次第で良くも悪くもなると言われるが、
「鉄は熱いうち」の熱い時期が高校時代だろうと思う。
最近はギターの関係で高校生と接する機会も多くなってきたが、
みんな格好はだらしなかったりしても(まぁロックだからそれでいいのか!?)
気はいい奴が多い。
若者が「早く大人になりたいな」って思う世の中にしていきたいと思う記事でした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050316-00000001-san-soci
posted by SAT at 19:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「今が楽しければ」将来に希望抱く高校生は24%
Excerpt: 「今が楽しければ」将来に希望抱く高校生は24% (読売新聞)  自分の将来に明るい希望を抱いている日本の高校生は全体の24%にとどまり、米国と中国の3か国中、最低だったことが15日、文部科学省所..
Weblog: Die Sorge
Tracked: 2005-03-16 20:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。