2005年04月19日

固くなる財布のヒモ

●ちょっと前の記事になるが、
読売で面白い(?)記事があった。

●「生活意識に関するアンケート調査」で、現在の支出を1年前より減らしていると回答した人が全体の43・2%を占めたそうだ。
理由は、年金不安、仕事不安、増税不安だそうだ。

●20代の私は、年金をアテにできないので、
厚生年金を給料から天引かない代わりに支給無しでいいと思っている人なので、
これについてはサラリーマンでいる限り諦めモードだが、
この中で特に気になるのは増税不安だ。

●実際のところ、サラリーマンになって5年過ぎたが、
給料の手取りは大して変わっていない。
会社の制度によるところもあるのだが、この5年間に
何度かの増税があったことも原因だ。

●たまたまこのような時代に働き始めるという不運(かどうかは色々な考えもあるが)
が産んだ結果は、財布のヒモが固い若者が1人増えたと言うことだ。
しばらく自分について書いてしまったが、
同じような若者が多いとなると、
やっぱり経済上、消費が良くなるわけもなく、
常に安い物を求めるので、デフレの原因になるかもしれない。

●政府はそんな人達から更にお金を搾り取ろうと、
天引きの割合と消費時にどうしても発生してくる消費税の割合とで、攻めてくる。
それで経済が上向きになるのならいいのかもしれないが、
今の政府のやっている事は支出を減らさずに収入を何とか増やそうという状態なので、
給料が多くても支出が多くて苦しいサラリーマンなんかと変わらない状態だ。
これでは我々庶民が取られ損になってしまう。

●増税→庶民が節約する→不況になる→増税→庶民が節約する→不況になる
という悪循環に政府は気付いていないのだろうか???

http://www.yomiuri.co.jp/business/news/20050413it16.htm
posted by SAT at 13:35| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。