2005年04月21日

架空世界の商売成立!?(SOEのオンラインゲームオークション)

●ソニーがオンラインゲーム「エバークエスト2」で
ゲーム上のアイテムやキャラを実際のお金で売り買いできるオークションサイトを立ち上げたそうだ。


●この行為自体は昔から裏で非合法的に行われていたことだが、
これを正式に認めて取引の環境を会社が与えたというのは
今回が始めての出来事だ。

●こういう取引をRMT(リアル・マネー・トレード)と言うが、
RMTの是非は昔から、これまた裏で問われていた。
私は反対派だったが、その根拠は
「ゲーム内の行為で現実にお金をやり取りするのはおかしい」
というもので、
実は法的、IT的根拠はどこにもない。
もし運営会社が有と言うなら良いのだろうと思ってしまうぐらいのものだ^^;

●こうなってくると、
ゲームをやってお金を稼ぐ輩(←行為が認められているわけだから「人」でいいか)
も出てきておかしくないわけだ。
ある種、ビジネスチャンスにもなってくる。
ゲーム内でアイテム・お金・キャラを集め育て売る者、
それを買い集めて、付加価値を付けたりして転売する者・・・

●現状、この行為には所得税がかからず、今のところ、
収入のやり取りを掴む方法も無いので申告もおそらく必要無く、
かかる税金はトレード時の消費税だけ・・・
やりとりされる額によっては相当いい仕事になるってことだ。
(そしてその後、架空の世界の取引に政府が税金を掛けてくる時代もくるだろう)

●ある経済の本で現在は
「産業時代」から「情報時代」に移っていると書かれていたが、
これってもしかして、情報時代の最たるものかもしれない。

●新時代の足音を感じてしまったニュースでした^^

http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0504/21/news009.html
posted by SAT at 18:30| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
RMTを推奨してるってのはなんだかなぁとは
思うけど、中国のほうだと一般的みたいだね。
FF11の世界も中華と呼ばれる業者がたくさん
いて、NMやアイテムの占有してて問題に
なってるんだけど(ライバルを故意にMPK
するとかね)
EQ2じゃ一般人も気合入れてやりそうだから
かなりドロドロになるんじゃないかなぁ・・・。
オイラはそんなの目に見えてるMMORPGは
やりたくないんだけどね。
Posted by ぎーす at 2005年04月22日 10:59
ITの闇:ゲーム通貨の売買急増、中国製が席巻
http://www.mainichi-msn.co.jp/it/game/news/20050420org00m300004000c.html

RMTで問題になるのはプレイに対する温度差。
RMT目的のユーザには妥協や譲り合いの概念は無い。
趣味でやってる人とは違い、生活がかかっているからだ。
当然、独占・嫌がらせは当たり前、24Hで交代制ではりつくからたちが悪い。

扱うものもデータと形あるものでないので、詐欺などの被害も数多い。

今後、社会問題としてRMTという言葉が紙面を踊る時代が来るかもしれませんね。
Posted by 二律背反 at 2005年04月22日 12:16
ぎーす様
二律背反様
コメントありがとうございます。

記事を書いた後に、実際にRMTをやっている方にインタビューする機会がありました^^;
やはり中国勢が多いらしく、時に問題にもなっているということでした。
二律背反様の仰る通り、独占・嫌がらせが多いと言われました。
リンク先を拝見させて頂き、ふと思ったのは、
 中国:疑似通貨→日本
 日本:円・ドル→中国
あれれ!?中国から何も入ってきて無いぞ!?
という事です。通常はモノやサービスと交換にお金が移動するのですが、サービスの一種とはいえ、サイバーな(しかもモノによってはコピー可能な)ネットのしかもゲーム内に限定された空間で通貨が流れていくのは長い目で見て日本に不利益をもたらすかもしれませんねぇ><
Posted by SAT at 2005年04月24日 13:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3083319

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。