2005年04月26日

電車は安全じゃないのか!?

●JR福知山線で起きた快速電車の脱線事故で、乗客約580人のうち死者は73人、負傷者441人に上ったそうだ。
この数字を見る限り、66人が不明だが、無傷の人達だろうか?行方不明だろうか?
トラックバック先で書かれていたが、地獄絵図のようだ・・・
電車には毎日乗っているので身近に感じる。怖すぎる。

●電車はかなり安全な乗り物かと思っていたが、
今回の件で最悪もありうるという事を知ってしまった><

●よくよく考えてみると、
電車は南北線のようにホームに透明な壁とドアがあればいいが、
基本的にはホームから電車がむき出しで、利用者が歩いている1m先に足を滑らせれば
簡単に「ひき肉」ができてしまう危険な世界が放置されている状況だ。

●今回の件が置石による人為的なものかどうかはまだ未解明だが、
(私は置石ではない気がします)
簡単に人が立ち入れる環境を放置していたという部分でもJRの責任は大きい。

●JRは今一度安全管理を見直し、基本的な考え・仕組みからやり直すべきだ。
莫大な予算がかかるかもしれないが、今後の信用・安定性を考えると
決して損にはならない投資だと思う。

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20050426AT1G2601B26042005.html
posted by SAT at 13:27| ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どのような壁があってもいたずらするような
人間は平気でよじ登ってくるわけで、
人を寄せ付けなくするような事って
対策するのはきびしそうな気がします。
都心だけ対応して地方は放置ってわけにも
いかないだろうしね^^;
ただ虚偽の報告は良くない。
辻褄あわせるために無理な速度で運転
してこのような大惨事を引き起こしたのも
要因のひとつだからね。
どんな失敗をしても真摯に受け止め、
勇気を持って報告できる人材を育成
するのも重要かな・・・なんて思いました。
Posted by ぎーす at 2005年04月27日 14:24
コメント書いたあとにこんな記事を発見。
http://www.asahi.com/national/update/0427/OSK200504260105.html?tc
会社がプレッシャーかけてたようです。
なんだかなぁ・・・(´・ω・`)
Posted by ぎーす at 2005年04月27日 16:49
ぎーす様
いつもコメントありがとうございます。

事故からしばらく経って、色々な事実関係が浮かんできましたが、従業員の方々も相当辛いようですね。
本当に悪いのはそのような管理体制を敷いていたJRの管理職以上のクラスなのに、今、向こうのJRでは乗務員が客に小突かれたりする等の現場に対して怒りがぶつけられているみたいです><

しかし、最近は電車業界の不祥事が目立ち増すなぁ。
私も近所の電車で1時間足止めを喰いましたよ。
Posted by SAT at 2005年05月03日 09:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3164750

この記事へのトラックバック

JR西日本での大事故
Excerpt: お悔やみ、お見舞い申し上げますm(_ _)m 運転手に前から、多々問題があり、事故前もオーバーラン40m(最初8mと嘘を報告)。そして、その後のスピード超過!? 運転手の心理、技術的問題が..
Weblog: ネットの渦
Tracked: 2005-04-26 14:00

JR脱線事故から個人情報保護法の対策を学ぶ
Excerpt: トラバしました。よろしくお願いします。
Weblog: 個人情報保護法コンサルタントのカンタンで小予算のシステム構築方法。
Tracked: 2005-04-26 19:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。