2005年04月27日

トレンドマイクロの高い代償

●トレンドマイクロの「ウイルスバスター 2005」という製品で、
セキュリティのパターンファイルを適用すると場合によってはPCが起動しなくなってしまう障害が発生した。

●今回の障害は、594パターンファイルを適用するとCPU使用率が100%に上昇してしまい、場合によってはPCが起動しなくなってしまうというもの。
Windows XP SP2、Windows Sever 2003、Windows Sever 2003 SP1で
発生する確率が高いそうだ。

●原因が解明されてみると、
「トロイの木馬」を検索するロジックで
特定条件が重なると無限ループを起こすというものだそうだ。

●このような「バグ」は開発業務をやっていると日常茶飯事で、
作る方も判っているので「テスト」に入る前の段階で無くなっているレベルのバグだ。

●テストの強化案が出されているが、
「普通」は当たり前にやるテストばかりだ。

●しかし、そこに罠がある。
今のIT業界開発状況は問題ばかりだ。
土日も無く働いて毎日終電間際まで働く事も当たり前になりつつある。

●このような状況では時間との勝負で
テスト期間を製造に充ててなんとか作るという状況もしばしばだ。
>単純にレビュワーが承認してしまっていたこと
とあるが、現場に丸投げで責任を持つべき人間がロクに見ていない状況が目に浮かぶようだ。

●製造者は「とにかく時間内に作らなきゃ」と焦り、強迫観念にも近い状況に追い込まれる。
ロクに寝てないので思考も正常じゃない。
当然、簡単なバグも見落としてしまう環境となってくる。

●予算と時間を削るのは限界近くまでなんとかなるようだが、
それでミスがあると、その代償は高くつく。
今回は「無限ループ」で3億円だ。
社長の給料が594円というのもなかなかだ。
この社長の姿勢は「オーナーの支払いを最後にする」という点でなかなか素晴らしいが、
これを機に再発させない事が重要だ。

●今回はたまたまウイルスチェックのバグだが、
これが電車の自動停止システムや、原発の制御システム等でバグが起こると
人命に関わる事態に発展するのではないだろうか?と考えるのは飛躍しているだろうか?
削れる予算と削れない予算について考え直さなければいけない時期にきているのかもしれな。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/04/26/7457.html
posted by SAT at 19:40| ☁| Comment(5) | TrackBack(4) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜 やらかしちゃったねって感じですね。

俺は今、プーの間にボケラっとしてるのも勿体ないんで、TDDとかテスティングフレームワークとかその他もろもろをちびちびと(ホントにちびちびと)勉強してるますが、今まで自分がかかわってきたプロジェクトに、大したコストも掛けずに導入できそうだなぁという感触を得ました。
#勉強する意欲のあるメンバーと、それを取りまとめる、それなりに技術のある人が必要ですが。

まぁ、どんなプロジェクトにもTDDを導入すべしとか、XPで全部解決するなんて思ってないですが、たいていのプロジェクトは決めるべきことをなぁなぁで済ませてる事が案外多いよな〜と、離れて見ると良く分かるもんです^ー^;
Posted by Odakaz at 2005年04月28日 01:47
Odakaz様
いつもコメントありがとうございます。

フリーの間でも勉強を欠かさないんですね^^
Odakaz様ほどの方でしたら、
次に動く時は雇われではなくて、
ソフト会社の設立でしょうか?

ところで、TDDってなんですか!?
Posted by SAT at 2005年05月01日 11:07
TDDは、Test Driven Development(テスト駆動開発)のことです〜
いわゆるXPなどから出てきた開発手法で、

・テストを自動化する(JUnit使ったり)
・まずコンポーネントに対する単体テストを書く
・そのテストで正しく動くようにコンポーネントを実装する
・テストを行う
・コンポーネントをリファクタリングしたら、テストを行う

というのが骨子ですな。まぁ、個人的にはテストと実装の順番にこだわらなくてもいいかな〜とは思いますが・・・。

んでまぁ、開発が終わることには自動化された単体テストがどのコンポーネントにも揃っているという寸法で。

もちろん、結合テストや統合テストは必要だし、いい加減でカバレッジの低いテストを書くことも可能なんで、銀の弾丸てワケにはいかないですけどね。

個人的に導入してみた感触だと、仕様を明確に意識できることと、設計のマズいところが早めに見える(テストはそのコンポーネントの利用者の立場になって記述するので)のが良かったかなと。

Posted by Odakaz at 2005年05月01日 18:07
こんにちわ。呟き尾形と申します。

 記事を読みまして、トラックバックさせていただきました。
 こちらの記事においても、リンクさせていただきました。

>これを機に再発させない事が重要だ
 おっしゃるとおりだと思います。
 が、しかし、別件でその後サポートをうけましたが、どうも、報道されているのと、実際のサポートは別物のように感じました。、
Posted by 呟き尾形 at 2005年07月23日 19:55
呟き尾形様
コメントありがとうございます。

尾形様は今回の一件で大変不愉快な思いをされたようですね><
「呟き尾形のクレーマークレマー トレンドマイクロ社 特集」を拝見させて頂きましたが、
どうも、サポートの悪さは企業の体質が問題のような気がします。
「企業の体質」とは曖昧な表現ですが、
突き詰めますと縦割り&ピラミッドが何層にもなっている企業の実態を想像してしまいましたーー;

私も別件ですが、MP3プレイヤーのHDD不具合で企業の対応の悪さに呆れてしまった事があります。
初めは一般ユーザとして某企業に報告をさせて頂きましたが、担当者が何も解っていないユーザを誤魔化そうとしてきたので、IT業界の人間としてHDDのセクタの話まで問い詰めたところ、
担当者が変わってしまいました゜o゜
最後は半月に及ぶやりとりで「本体を持ってきて下さい」と言われ、面倒になったのと音楽の無い生活に耐えられない事から、こちらが折れてしまいましたので、あまり公表していない件でした^^;

業界を考えて見ますと、
トラブルが無ければ0でも良いサポートのコストは削り易い部分なのかもしれません。
実際には0はありえないのですが、
低価格化の波はこの辺にも来ているのでしょうね。
Posted by SAT at 2005年07月30日 01:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

トレンドマイクロの「ウイルスバスター」に不具合 全国のシステムに障害
Excerpt: ■トレンドマイクロの執行役員 日本代表 大三川彰彦氏 トレンドマイクロ社「ウイルスバスター」の 4月23日のウイルスパターンファイルに不具合があり ・ウイルスバスター インターネット セキュ..
Weblog: 星を見る人
Tracked: 2005-04-27 21:59

ウイルス対策ソフトの危険性
Excerpt: トレンドマイクロからメールが来て、契約シリアル番号PDJW-****-****-****-9883のウイルスバスタークラブ会員契約期間を無償で1ヵ月延長したとの事、切りよく2006年4月30日まで延長..
Weblog: PUICPブログ
Tracked: 2005-05-02 20:53

ウイルスバスター
Excerpt: ウイルスバスターウイルスバスターは、日本に本社を置くセキュリティソフトベンダ大手の、トレンドマイクロ|トレンドマイクロ株式会社が販売する総合コンピュータセキュリティ|セキュリティ対策ソフトである。現在..
Weblog: 【ウイルスバスターの知識】
Tracked: 2005-05-06 16:18

トレンドマイクロ社 47 一方的なトレンドマイクロ社
Excerpt: トレンドマイクロ社 46 みなさんのご意見をお聞かせください 3 トレンドマイクロ社 47 一方的なトレンドマイクロ社
Weblog: 呟き尾形の雑記帳
Tracked: 2005-07-23 19:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。