2005年05月20日

混在財産とは

●今日は用事で役場に行った。
結構遠いところで、バイクを走らせて行く。
ちょっとしたツーリングだ^^;

●役場で用事を済ませた時に、机の紙に書いてある競売物件が目に止まった。

●バス停から12分のところで、350万円だ。
この物件自体はイマイチかもしれないが、勉強勉強と思い、詳細を見ていると「混在財産」という聞き慣れない用語が出てきた。

●役場の人に聞いてみると、税理科の人を呼んでくれて、意味を教えてくれた。

●混在財産とは、不動産売買の際にかかる消費税が建物と土地だと建物にしかかからないので、建物と土地を両方売買する場合に表記されるのだそうだ。

●不動産売買で消費税がかかるのも知らなければ、建物だけにかかるのも知らなかったので、今日は大変為になりました♪
posted by SAT at 21:08| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。