2005年10月28日

本を読まない大人達

●読売世論調査で、活字離れが進んでいる話が載っていた。
20代から30、40、50代と、年代があがるにつれて離れているそうで、
この1ヶ月に本を読まなかった人は全体では52%なのだそうだ。

●確かに、普段電車に乗っていると、朝・夜とも
本を読む人は少なくなってきた。
本は本でも週間漫画雑誌を読んでいる人は結構いる。
あとは、偉そうに腕組んでふんぞり返って狸寝入りをしているオヤジ共だ。

●昨日なんかもそうだったが、
こういう人達の顔をまじまじ見てしまうと、
やたら疲れた顔に見える。
日々に流されていくだけでは疲れるだけだと言うのに・・・

●本を読むのは、自分の世界観を拡げる上でも、欠かせない事だ。
1ヶ月に1冊、1週間に1冊等、ペースはあると思うが、
何年も経つとその差は大きい。
いつの間にか本を読まなくなってしまった人は、
この機会に本を読んでみる事をオススメします。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051027it14.htm
posted by SAT at 08:36| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
随分前から言われていた事だけど、年代が上がるにつれて離れているとは思わなかったなぁ。

ちなみに、今私が読んでいる本は・・・!

「親力で決まる!子供を伸ばすために親に出来ること」

うーん、いわゆる育児本で、現役教師が書いた本なんだけど奥が深いね。どういうところが奥が深いかと言うと、まぁ読めば分かるけど育児本にもかかわらず、大人の仕事にも通じるんですねぇ。

特にサラリーマンの管理職の方はこの辺を分かっている方は一体何人位いるのでしょうか。

これは親が子供に対する接し方を書いていて、力関係が上のものが下のものに接する時の事がかかれています。会社における上司部下の関係の基本中の基本がかかれています。
会社ではまるっきりこの通りではないにしても、上司は部下を育成する義務を負っているならば、基本はこれでしょう。

あ、あくまでも育児本なので子供のいない人は立ち読み程度がいいと思います。子供のいる人は必見です!ぜひ一読をお勧めします。
Posted by ZX-12R at 2005年10月28日 11:22
面白そうな本ですね!
本屋だと育児コーナーにあるんですか?

子供ができたら買いましょうかね〜^^
Posted by SAT at 2005年10月29日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8679564
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。