2005年10月29日

貸しギターの弦が切れる

●さっき合奏の練習に行ってきた。
いつもバスギターを借りているのだが、
チューニングをあわせた状態だと、次回来た時に弦が伸びきってしまう為だ。

●弦を緩めた状態からチューニングを合わせるのにはちょっとてこずる。
4弦をAに合わせていると、ブチーン!!と切れてしまった><

●弦の張りすぎかなと思ったが、
周りの弦と同じ基準だからそうでもない。
先生に貸しギター用の交換弦を貰って張り替える。

●普段エレキギターな私は、クラシックギターの弦を張り替えるのは慣れない。
更に、PRSギターだとロックナット採用なので、
結んだりとか難しいことはやる必要が無い。
なんとかかんとか張り替えて、音を合わせる。

●合奏が始まり、みんなで弾いていると、
音がおかしくなってきたことに気づいた。
張り替えた弦が半音ぐらい下がっている・・・

●途中、音程を気にしながら練習することになった。
バスギターってやつは、なかなか納得のいかないモノである。
posted by SAT at 21:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。