2005年11月10日

廃材からパソコンを作る

●廃棄のパソコンが大量に出ていた。
最近友人が所有するパソコンのWindowsMEが調子悪いという事で、
廃棄パソコンでもWindows2000が稼動することから、
1台組み立てることにした。

●自作PCで私が一番悩むのは、
ケースによって開け方が違う点である。
管理をしている方に教えて頂きながら開けていった。

●パソコンケースとしてメンテナンスの楽そうなものを選び、
HDDが故障していた為、別のパソコンからHDDを抜いてくる。
HDD一基では容量が心許ないので、
ケースの特性も活かし、強引に二基接続する。

●128メモリも何枚か見つかり、
2枚を128、1枚を64にして、計320Mにする。
ここまですると、Pen2とはいえ、そこそこ動くPCが完成した。

●これで友人も喜ぶだろう。
後は、故障した方のパソコンを引き取って
ゆっくり修理をすれば完璧だ♪
posted by SAT at 22:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9208000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。