2006年03月21日

LS−2を買う

●昨日は、会社帰りに新宿の石橋楽器へ寄ってコンパクトエフェクターを見ていた。
中古で安くなっているのだが、
ブルース系の音が出る「BD−2」や、
アコースティック系の「AC−2」は無かった。

●ライブでの失敗があるので、
音の切り替えをなんとか1手で済ませたい。
店員さんに相談してみると、
A−B切り替えの装置を紹介された。
私のやりたいことを詳しく説明すると、
BOSSの「LS−2」を紹介された。

●しかもこれは、電源を他のBOSSエフェクターに提供することが出来るそうで、電源周りもスッキリ出来る。
BOSSばかりになってしまう点が厳しいところだが、
幸いな事にBOSSのエフェクターレベルは高いので、それもまた良しだ。

●おまけに、BOSSのペンを付けてもらい、
ACアダプターとセットで購入した。
1万円の投資になってしまうが、
これでミスが防げるなら安いものだ。
次回のライブも頑張りたい。
80bg
posted by SAT at 22:07| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

町田魂を聴く

●「生クリーム」の演奏が終わって一息ついてから、他のバンドの演奏を聴きに行った。

●BUMP OF CHIKINのコピーをやっている高校生ぐらいの男の子がいたが、歌が上手いかどうかはともかく、歌いながらギターを弾きまくっているのは器用だと思った。
私はこんがらがるので出来ない(>_<)
リードギターの方は、テクニック的にかなりレベルが高いのだが、動きが無いのが勿体無いところだ。

●335というギブソンのギターを持ったおっちゃんが出た。
他のメンバーは先生っぽいが、曲がブルース系でいい。
おっちゃんも上手かった。
あの、サウンドホールがあるエレキの音は、PRSと言えども出せない音なので羨ましいところだ。

●最後に先生バンドがやっていた。
エフェクターの設定を見に行ったのだが、正面に立つと、鼓膜がやられそうになったので、退散してきた。

●座って見てると、エレキの先生が投げたピックが私の胸に当たり、ゲットしてしまった。

●終わってから、念のために聞いたが、落としたわけじゃないので貰っておいた。
ピックゲットはQP−DESIGNに続き2回目だ!
posted by SAT at 23:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

魂の叫び!

●今日は「町田魂」という私の通っているギター教室のイベントで、
13チーム出るライブの1つとして我等が「生クリーム」が出演した。

●朝から舞台をみんなで組んで、
それから1チームずつセッティングの確認を兼ねたリハーサルだった。
自分達の順番が早かったので、リハーサルもすぐだった。
私のエフェクターセッティングが、マルチ「G2.1u」の方を
左側ボタンを踏むだけで変えていけるようなセッティングに変更したので、
その確認を込めて2曲目をやっていた。
しかし、1曲目の設定から入ってしまったので、
エフェクターの流れが逆になってしまい、失敗した。

●コンビニに昼ごはんを買いに行ってから、
待ち時間を、ギター練習に充てていた。
エフェクターの設定を最終的に見直す。

●15時の開始30分ぐらい前に親父が来ていたので、歓迎する。
彼女はギリギリまで来ないーー;
今回ヴォーカルに起用(スカウト!?)した弟は、
直前までイメージトレーニングをしていた。

●15時に集団合奏の「第五BURN」から始まった。
私共のメンバーだとyukaっちさんが出ているので応援に行く。
曲は超カッコ良くて、みんなが弾かないリードの部分を
yukaっちさんと、yukaっちさんの先生が弾いていて凄かったのだが、
合奏全体としては、みんな下を向いて動きナシで弾いていたので、
ちょっと物足りなかった。
演奏が良いだけに残念><

●しばらくして、自分達の舞台袖入りになった。
エフェクターボードがあるから、とり回しが面倒ーー;
弟は、演劇等で舞台経験のある人だが、
「兄貴と舞台袖に入るなんて、不思議な感覚だ」とコメントしていた。
普通に生きていたらそんな機会無いですから!!^^;

●やはり舞台袖ではyukaっちさんが喋っていた。
「生クリーム」のムードメーカーだ。
今回は「生クリーム」として2回目という事もあり、
前回ほどガチガチな雰囲気ではなくて、その点は気楽だった。
私は、自分達の音楽を「どう表現するか?」を考えていた。

●前のバンドが1曲だったので、予想より早目に入る事になった。
結構今回の待ち時間は好きだったので、ちょっと物足りないかも^^;

●舞台に立つと、まずセッティングだ。
ちょっと私のギターのボリュームが大き過ぎる気がするが、
ソロの部分を活かす為に、マスターの設定はそのままにしてもらって、
手元のボリュームで音を絞る。
全体と合わないとしょうがないので、1回yukaっちさんにも音を出してもらった。

●そして演奏開始だ!
1回キーを高くするタイミングを間違えたのは内緒だ。
1番を弾き始めていると、どうもお客さんのノリが悪い事に気付く。
折角やるのだから、それじゃ悲しいと思う。
ソロの部分で、弟に絡みに行くことにして、
バンドの「楽しさ」を演出してみる。
ソロは後半微妙に間違えたのだが、あんまり影響の無いように
誤魔化してまとめてしまった部分は、技術的にはちと痛かった><
エンディングでyukaっちさんがソロでまとめている間、
私はGのパワーコードを伸ばすだけで空いているので(笑)
前回は2曲目のエンディングでやった背中の「ロック魂」を見せる
アクションをやった。
今回は、ストラップで見えないと言うことの無いように、
エレキギターを上に掲げた。
この辺は、今回から導入したワイヤレスシステムのお陰で、
シールドの事を全く気にする必要が無く行えて良かった♪

●2曲目はバラード曲だ。
英語なので言葉の意味が取り難いとは言え、本来は明るい曲じゃないので、
あんまり悪ふざけは出来ない^^;
昨日の練習で、音の切り替えを2アクションにしたので、
http://sat.seesaa.net/article/15049746.html
難易度が高い。
やるまい、やるまいと思っていたが、前回と同じミスをやってしまった。
クリーンの単音で入らないといけないところで、
BOSSの「OD−2」による歪が切りきれてなくて、
歪んだまま入ってしまった><
まさに「切れてナーイ」という状態だ(泣
唯一の救いは、前回と同じ場所ではなくて、
前回ほどは影響の無い部分だった事だ。
しかし、私は「痛てぇなぁ」と思っている間に、
マルチ「G2.1u」の方のスイッチを2回踏んでしまい、
戻そうと思って禁断の右側スイッチを踏んだ時に
ボリュームペダルを踏んでしまった><
これで一瞬音が途切れた!
すぐに直したが、ホントにマルチエフェクターは難しいと思った。
次回はラインセレクターシステムを導入しよう。
エンディングは、1曲目とは違うノリだが、
弟に絡みに行った。
2曲目は弟が表現力で演出している曲だったので、
「良かった〜」という感じで行った。

●こうして2曲終わったが、
良かったのは、2曲目に入った辺りから
お客さんの寒さが初め程じゃなかったことだ。
彼女や親父、更にはベーシストの外人な旦那さんと
演奏中に目が合い、笑いあったりしていたのが良かった。

●みんなで楽屋に帰って、
汗だくで燃え終わった後だった。
話を聞いてみると、弟のマイクスタンドが緩んで落ちて行き、
それを右手で抑え続けてカバーしていた話とか、
ベーシストが「1箇所間違えたー」とか話していたりとか
(上述の通り、私は1回どころではないーー;)
みんなトラブルと闘ってたんだなぁと思った。

●全体として、前回よりレベルの高い演奏になったと思い、
その点で非常に良い一日だった。
またみんなでやっていこうと思う!

100bg
posted by SAT at 23:54| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

生クリームの直前練習

●今日は明日のライブの為スタジオ練習だった。
電車に乗ると、ちょうど弟がいた。
待ち合わせる手間が省けた。

●藤沢に着くと、時間があったから
ベローチェでココアを飲んでから行った。
交差点で信号待ちをしているところで、
リーダーとベーシストが合流した。

●スタジオに着いて、yukaっちさんと合流し、
みんなで部屋に入る。
yukaっちさんのところは、下の娘さんが来ていて、
椅子に座ってみていた。

●私は、昨日揃えたエフェクターシステムを組んでいたが、
一晩設定を悩んだ結果、
「ワイヤレス受信機」→「G2.1u」→「OD−2」と繋いだ。
こうすると、意図しない「モコモコ感」が無くて良い。
しかし、メンバーに聞きながら微妙に設定をいじってみると、
「G2.1u」のアコースティックシミュレーターを活かす為に
「OD−2」を切って「G2.1u」を活かさなければいけない。
歪むところは「OD−2」を使いたいので、
「G2.1u」は何もエフェクターを噛ませていない状態にしたい。
ホントはラインセレクターがあればいいところなのだが、
昨日の今日でそういうわけにはいかないので、
ダブルアクションで切り替えることになった。これは忙しい・・・

●まず1曲、やってみると、
弟の歌が良かったらしく、メンバー大絶賛で
「レギュラーにどう!?」という話になった。
弟も合うようならやっていきたいところだ。

●それからはひたすら練習だ。
だんだんいい感じに仕上がってきた。
これは明日が楽しみだ。
何気にドラムのリーダーが汗だくだ。
実のところ、ドラムが一番体力を使うのかもしれない。
ヴォーカルも、歌うだけと思われがちだが、
表現力が大事だし、バンドで一番目立つし、
声の管理も大変なので厳しいポジションだ。
みんなそれぞれの仕事をするということだ。

●明日もがんばろう!

98bg
posted by SAT at 23:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

エフェクター新システム構築!〜ワイヤレスシステム〜

●昨日と今日で、新宿の石橋楽器へ通っていた。
新宿三丁目の駅で降りて、地下通路のC4出口から出るとすぐのところだ。
新宿駅に近いところにあると便利なのだが、
石橋とROCKINNの位置がどっこいどっこいだ><

●昨日、ワイヤレスモジュールの
「SAMSON AirLine」を買った。
ワゴンセールでコンパクトエフェクターの
「OD-2」が安く売っていて、
3/19のライブでやる曲を試してみたところ、
音のイメージがしっくりくるので、買ってしまった。

●しかし、こうなるとシールドが足りないことに気づき、
エフェクターをまとめるボードと一緒に今日買いに行くことにした。

●家で早速、エフェクターシステムを構築してみたら
こんな感じになった。
RIMG0001.JPG

●おお!
かっこいいではないか!
これで3/19日頑張るぞ!
90bg
posted by SAT at 23:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

生クリーム ヴォーカルヘルプ決定

●生クリームのヴォーカルが抜けて以来、
有力候補はACE兄貴だったのだが、
海外出張・・・><
今度の3/19ライブには厳しそうだった。

●しかし、せっかくの本番チャンスをみすみす逃すのはハード過ぎる選択だ。
土曜日の夜にyukaっちさんと練習していた時に、
弟に頼むことを考えた。
幸い、私の弟達は歌が上手い。
音感抜群の末弟に、
声優さんの卵として、多少はメディアにも露出した事のある次男だ。

●どちらの弟も快く受けてくれたが、
今回は、5月末の予行演習も兼ねて、セミプロの次男にお願いした。
ヴォーカルは曲の間にMCもできるので、
自分達のライブの宣伝もしてくれたらいいと思う。

●メンバーも歓迎してくれて、
本人もセミプロらしくやる気も手際も良いので嬉しい限りだ。
3/19がんばりまーす!!
posted by SAT at 17:26| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

緊急告知! 電気用品安全法(PSE法)に対する署名

●2001年より前に製造された電気製品などの販売を禁止する「電気用品安全法」(PSE法)の本格施行が迫るそうだ。
これが施行されると、
2001年より前のシンセサイザー、ギターアンプ等・・・
HPの引用ですと、
>対象機器は電気楽器、ギターアンプ、電子楽器、レコーディング機器、ラジオ受信機、アナログ/デジタル・テープレコーダー、ビデオテープレコーダー、ターンテ ーブル、ジュークボックス、音響機器など、電源トランスを内蔵している製品すべてです。
が、中古売買できなくなるのだそうだ。

●このような解釈で法律が施行されてしまうと、
音楽の発展に大きな影響が出てしまう。
「戦場のメリークリスマス」等で有名な坂本龍一氏を始めとした音楽家が、
法律の規制緩和を求めて署名運動を行っているそうだ。

●Webから署名できるので、趣旨に賛同できる方は署名をして頂けると嬉しいです。
もちろん、趣味とはいえ音楽をやる人間の端くれである以上、
私も署名をさせて頂きました。

●宜しくお願い致します。

ITmediaの記事
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0602/24/news110.html
ITmediaの記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0602/18/news002.html
署名ページ
https://www.jspa.gr.jp/pse/index.cgi
posted by SAT at 12:54| ☔| Comment(3) | TrackBack(3) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

ラヴィン・ユー セッション

●日曜日にギターの練習が終わった後、
教室で場所を借りてブルース・ハープの練習をしていた。
ブルース・ハープは楽器の持ち運びに関して最強の楽器だが、
練習場所となると、音量がある為マンション等では厳しくなる><
教室に通っていると、こういう時に便利だ。

●最近練習している曲は「ラヴィン・ユー」
ブルース・ハープで吹くと結構カッコイイ♪
だいぶモノになってきたが、楽譜を覚えていない罠がある。

●練習をしていると、一服終えた先生が来て、
リッケンバッカーでバッキングを弾いてくれた。
エレキとブルース・ハープはかなり相性が良く、
いい音になっていた。

●今後は明るめの曲で、
「チキン」を習得したいところだ。
posted by SAT at 12:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

バスパート増員

●今日の合奏練習は、新曲の仕込みだった。
新入団員も2人入り、うち1人がバス。
以前から居る社長もバスに移り、3人がバスになった。

●さらに、バスのパートをメロディとコードに分けたことで、
潮路の愛さんとKさんも加わり、総勢5人での低音パート。
今まで一人でやっていたことを考えると、これは心強い!

●とはいえ、今日は仕込みの段階だし、
まだまだ低音の太さを感じられる場面はなかった><
4月の末にまた本番を用意するということだが、
これは楽しみになってきた!
posted by SAT at 23:44| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

バイオリン名器盗難

●なんだとぅぅぅ!!!!!
と、いきなり叫んでみる。

●「ストラディバリウス」と並ぶ名器のバイオリン「アマティ」(時価4000万らしい)
が盗難されたそうだ。
私も一応音楽をやる身としては、非常に遺憾な事件だ><

●そもそも使い込まれた楽器は、
値段に関係無く大事なものである。
音楽をやる上では先生とか、仲間とか色々な人との関わりが
奏者をステージに立たせてくれるが、
いざ一人ででステージに立つと、
頼れるのは自分の練習と相棒である楽器しかない。
これはバンドでも同じで、
バンドは各パート毎の仕事をこなさなければいけないわけだから、
協力はありつつも、ソロパート等は特に自分と相棒のみだ。

●そんな相棒が無くなるのは非常に痛い。
警察も、国際手配を行う等の粋なはからいを見せているが、
是非とも、早期決着で犯人を逮捕して欲しいものである。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060214i403.htm
posted by SAT at 16:24| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

冬季定期公演2006に行く〜飲み会〜

●定期公演が終わった後、
入り口のところで合奏団のメンバーが集まっていた。
海人Iさんの引率で数人でワラワラと、地元駅まで帰る。

●駅で彼女の弟と別れ、
Iさんオススメの店に行ってみるのだが、
満席で入れなかった。
仕方ないので、駅ビルの上に行き、
そこで魚貝系の料理を食べる。

●だいぶ食事とお酒が進んだところで、
団長とダンサーが来た!
ちょうどキリも良かったので、
近所のIさんご用達スナックに場所を変えることになった。

●私はと言うと、彼女が歩きにくい靴を代えたいということで、
一度家に戻り、ついでにブルース・ハープを持ってくる♪
時間的には10分も経っていないのだが、なぜかみんな出来上がっていた。

●今回は、フルートIさんとコンサートマスターOさんもいるということで、
海人Iさんにつれてきてもらっていないメンバーは
そろそろ少数派になってきた。
これでは全員制覇も時間の問題だ^^;

●今回は前回と違って、彼女が居ると言うことで、
ラルクの「flower」を二人で歌った。
私がブルース・ハープを吹き、彼女が歌う。
サビは合流だ。
前回の反省も踏まえて練習してきたおかげで、
今日のブルース・ハープはキレがいい!
ゆずの「いつか」を歌ったときもブルース・ハープはバッチリだ。
ビックリしたのは、彼女がハモってきたところだ。
こういうのは、どこで覚えるのかサッパリな分野なので、凄い。
とりあえず二人の曲が2曲あるってのは良いことだ(/▽\*)♪

P.S Kさんと話していると、ミクシィに登録をしているそうだ。
お互いにマイミク登録をしようということで話がまとまった。
↑今日登録した!
posted by SAT at 23:26| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

冬季定期公演2006に行く

●昨日は、私の通う新堀ギターの中でも、
将来プロの卵達が演奏をする「冬季定期公演2006」へ行った。

●彼女と、彼女の弟を連れて行ったのだが、
会場の鎌倉芸術館は、
以前私のギターの先生が公演をした時に行ったので、手馴れたものだ。

●会場は結構入っていたが、
最前列が3席空いていたので、そこに座った。
トイレに行くついでに、合奏団のメンバーを探した。
合奏の時の動画を渡していないメンバーへCD−ROMを渡す為だ。

●Kさんに会ったので、少し話してから歩き回っていると、
今度は海人Iさんがいた。
二人も前に来るようだ。

●開始時間間際に、自席に戻ろうとすると、
そこにKさんとyukaっちさんが居た!
次回のバンドの音源を貰う。
最近オンライン、オフラインで語り合う事が多いせいか、
心の友(ジャイアン風)で、舞台の目の前で思わず抱きつきそうになったのは内緒だ。
このような友人は、他に2人ぐらいしか居ないので、
やはり「仲間」はいいもんだと思った。

●コンサートは非常に良かった。
初めの方は独奏や小グループのセッション系で、
休憩を挟んだ後はオーケストラ形式だ。
一番前で見ていると、演奏者の熱気も伝わってきて、
単に音楽を聴くだけよりも楽しい。

●今回は、アンサンブルと言うものがちょっとサッカーに似ている感もあった。
FWが点を取り(アルトがメロディラインを弾き)
DFがゴール前を固めて(バスが低音を固める)
GKが守護神(ギタロンがルートを確保)
MFがオールラウンドにゲームメイクをしていく(プライムが低音と高音を橋渡し)
そうなると、指揮者は監督なのかなぁ^^;

●学生さん達の演奏なだけに、
「あれっ今間違えたかな!?」って瞬間もあったが、
ある意味、プロよりも温かみがあるコンサートだったし、
教室に通う私共の先輩にあたるわけで、
やはり非常に上手い!
何より、同じ教室から学校へ入った素直な良い子がいたのだが、
「第3の男」でソリストとして堂々と弾いていたのは感動した。

※冬季定期公演2006に行く〜飲み会〜へ続く
posted by SAT at 23:51| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

飲み過ぎた

●今日は合奏団メンバーで飲み過ぎたので、明日書きます(×o×)
posted by SAT at 23:41| ☀| Comment(17) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

ハーモニカの練習場所発見!

●今日は、会社帰りに近くの公園へ寄ってみた。
前から目をつけていたのだが、夜に見てみると、
ベンチもあり、照明もそこそこありで、
ハーモニカの練習に良さそうだ。

●20時にあがり、公園で一人練習してみる。
広いのに周りに障害が無く、
後ろに首都高も走っている為、
音が響かずに練習できる。
こりゃいい場所を見つけたものだ。

●今の職場は、駅から遠くて周りに何も無くて苦痛だが、
仕事内容はIT技術者として新しい事が学べる環境だし、
なかなか良いのではないだろうか。

●ハーモニカは楽器の中でも小さい部類に入るので、
持ち運びは超楽だ。
しかし、大きさとは裏腹に音量がかなりあるので、
音量の小さいギターと比べると練習場所は選ばなければいけない><

●ギターもハーモニカもそれぞれの良さがある。
相乗効果で上手くなりたいものだ。
posted by SAT at 22:02| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

合奏団→合唱団

●昨日は合奏練習に集まったのだが、先週の反省と、新しく入った方の歓迎会だった。

●終わってから、希望者で飲みに行くように声をかけた。
海人Iさんの希望で、近所のスナックで飲んで唄う事になった。
以前にも来たが、感じの良い店だ。

●とりあえず、私が曲を入れる事になったのだが、楽器をやっていると、バンドの曲や独奏ばかり聴くようになるせいか、歌謡曲は解らなくなってしまう罠だ。

●とりあえず団長さんの勧めでミスチルの「名もなき詩」を唄うが、いきなりキーが違うからやりにくい(>_<)
途中で、キーをいじる事に成功して原キーにしたので唄う感じは掴めた。

●一曲入ると、みんな入れまくりだ。
楽器を色々使える何でも兄貴が歌い出すと、XJapanのhideか?というような声の持ち主で、合奏団で組むバンドでベースをやってくれると言うが、勿体無いぐらいだ(>_<)

●団長がギターを弾いてしまうので、なんか「やっぱ生演奏はいいなぁ」という気分になってしまい、曲にゆずの「いつか」を入れてしまったので、急いでブルース・ハープを取りに帰った。

●戻ってからやると、微妙にブルース・ハープが下手だ(>_<)
なかなか練習できない楽器の厳しさだが、微妙に音を外してもコードが同じなので悪くならない特性に助けられたりもしている(^_^;)

●団長は「さくらんぼ」を歌っていた。
最後に両手でVサインをしたのを私だけ見てしまったm(_ _)m
しかし、団長さん。7、8年前に私が蒲田で学生をやっていた頃に、購買部で働いていたそうな。
当時、極貧であんまり買い物をしなかったとは言え、学生である以上、やはり何回かは買い物に行くわけで、その時に遭っている可能性は高い。
それが今はこうして一緒に舞台へ立ったり飲んだりしているわけだから世の中は狭いものだ。
仕事やプライベートと、やたら縁の強い人っているが、これは神様の巡り合わせなので(今回は音楽の神様か!?)絶対に大切にしたいものである。

●巡り合わせと言えば、合奏団のメンバーで、プロのダンサーの方もいる。
ダンスを教えたりもしているそうで、私の弟が舞台に出たりした事もあり、弟とは是非とも繋がって欲しいところだ。

●最後の方は、皆さん落ち着いた曲を歌い始める。
Iさんの唄はマジ渋い。
「株で逝こう」のKさんも「今日はIさんの株が急上昇!」とか言っていた。

●昨日は地元で仲間で飲んで、歌って本当に楽しかった。
合奏団というより合唱団だ(^o^;)
来れなかったメンバーも含めてみんなで来たいところだ。
posted by SAT at 23:19| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

ニューイヤーライブ〜講評〜

●「生クリーム」の2曲が終わって、楽屋へ戻った。
色々抜きにして健闘を讃え合う。

●最後は先生方のバンドが締めているのでとりあえず盛り上がる。
毎度「エフェクターの魔術師」の異名を取る先生はテクニック、音色共に凄い。

●終了した後、審査員の先生による講評という事で会場の片付けと再配置だ。
なんかお酒まで出だした。

●先生の先生が全体講評からバンド毎の講評まで行うのだが、私共「生クリーム」は先生の真っ正面でピンチだ(^_^;)

●全体で言われた、ギターは音を出すと切る部分は意識を忘れがちなので、コードチェンジの時には要注意。
私はエフェクターで音を作り過ぎているので、アンプからの出力まで責任を持つ注意が記憶に残った。

●時間がラストという事になって講評まで始めて居たが、非常に為になった。
今後は是非残りたい。

●彼女に動画を残してもらったので自宅で見てみると、私のギターの粗が目立った。
今後は気をつけよう。

●何はともあれ非常に良い経験だった。
何より、2ヵ月前に先生から「これやることになったから」と言われた「無理だろ!」って曲が出来るようになった事実は次のステップへと進める片道切符だ♪
また同じメンバーでやりたいものである。
posted by SAT at 23:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

ニューイヤーライブ〜ロック魂〜

●ニューイヤーコンサートに引き続いて(むしろ一部かぶっていたが)ニューイヤーライブだ。
合奏が終わった直後にyukaっちさんとバンド控え室にダッシュする。

●リハーサルを後の方に回してもらっていたお陰か、時間的にちょっとだけ余裕があり、ダッシュまでする必要がなかったのは後付けだ。

●リハーサルも本番さながらの流れで舞台袖に入る。
私達「生クリーム」の前には、同じ教室なのだが主要メンバーがほとんど先生方という反則的なバンドが入っていた。
あ〜あ〜先生が超テクのギターソロを披露しちゃってるよ。
横からそれを見る私達はドン引きだ( ̄〇 ̄;)
とはいえ、バンドをやるにあたって気分を落としちゃいけないので、みんなして「いよっ!先生方がステージを暖めておいてくれてるぞ!」とか言って励ましあう(^_^;)
バンドでは空元気に空威張り。これ重要。

●そしてリハーサル入り。
手早くセッティングを済ませる。
私のギターのボリュームが大き過ぎるせいか、ギター側のボリュームで10→5に下げることになった。
リハーサルでは2曲とも始めのサビが終わるまでで終わった。

●リハーサルが終わって、控え室にギターを置いてからyukaっちさんとニューイヤーコンサートの講評に顔を出した。
会場に入ると何故か拍手で迎えられたので、とりあえず両手でガッツポーズ。
もう意味不明だ(=^▽^=)

●講評では、先生の先生である私共には雲の上の先生が良い点と、今後意識して良くして行く点を教えて下さる。
なんでこんな書き方かと言うと、私共の先生方が恐れる雲の上の人なのだが、去年講評して下さった方や今回の先生も基本は誉めといて、言わなきゃいけないところはオブラートに包んで言う為だ。
しかし、仰る事は非常に要点をつつかれるので、言われている人のみならず、聞いている私共にも為になる。
一つ先生方の姿勢で見習う点は、本人を含め明らかに分かっているミスは突っつかないで、プロならではの視点で気付いた事しか言わない事だ。
これって分かってても出来る事じゃない。
SEとしては普段の仕事でも、この姿勢は見習おうm(_ _)m

●ライブが始まったので、他のバンドの演奏を聴いていた。
上手いバンド、楽しいバンド、選曲が厳しいバンド等色々あった。
ここで生クリームはどう映るのか…?

●バンドの控え室に戻り、生音で何度も合わせて練習した。
私のソロで最後のフレーズに入るのが一拍早くて、そこをドラムとボーカルの方に鍛えてもらっていた。
リズムは私の最大の弱点かも(;_;)

●遂に呼び出しがかかった。
順番が4つ前になると呼ばれる。
舞台袖でスタンバイする前の状態だ。
ここではすれ違う他のバンドメンバーも「お疲れ様でした〜」等と声をかけている。
演奏終了したバンド、これからのバンド、何故か連帯感がある。

●実際には短いのだろうけど長く感じられる時間を待ち、舞台袖入りだ。
ここでは前のバンドが演奏しているのが見えるが、リハーサル同様に先生方バンドが超テクを披露している。
私共は出来るだけ明るい話しをしてムードを上げていた。
こんな時に頼りになるのがニックフーバー使いのyukaっちさんだ。
みんな緊張してきてるのは判るが、それ以上に楽しいのがバンドだ。
レッツゴー!

●舞台でセッティングを始めると、私の師匠がボリュームのセッティングをしてくれて、MAXで良いそうな。

●一曲目はSunshine of your love。
ドラムと顔を合わせるタイミングに失敗!
いきなりかよ俺っ(>_<)
とりあえず弾く。
曲の始めという事もあり、周りが合わせてくれた。
この辺はギターから入る曲風に助けられた。
ギャラリーを見ると彼女がデジカメで撮ってくれてる。
とりあえずコードのところでカメラ目線になって笑顔だ(b^-゜)
ってその瞬間気付いたが、後ろにデカい外人さんがカメラ向けてるよ!
噂のベースの旦那さんだ(*^-^)b
そして問題のソロ!
なんかサスティーンが伸びない。
PRSの性能を活かしきれていなかった。
ある意味、まがりなりにも触れば音が飛ぶPRSの性能に助けられたのかもしれない(-"-;)
違和感を感じながらも頑張って弾く。
やべぇ。焦る余り最後のフレーズに入るタイミングが一拍早まった(>_<)
とりあえずyukaっちさんにソロをスイッチするところだけでも合わせなきゃ!
ドラムのタイミングに合わせてカッティングへ移行。
もういっぱいいっぱいだ。
しかしそれを出すのは本当の失敗だから、間奏中で恐らく世界一楽しい場所に立ちながらゆとりのある瞬間のボーカルと顔を合わせて笑っておく(ノ^^)八(^^ )ノ
この曲、ここを乗り切ると技術的に難しいところは無いので勢いだ!
ただし、早くならないように注意だ(-.-;)
曲の締めは昨日急に変えたのでピンチだが、yukaっちさんがソロで超テクを披露している間に、Dのパワーコード一つの私は合奏団からヒントを得たように右手を上げて最後の消音で下ろす。
とりあえず終わったぜ!


●2曲目はBoulevard Of Broken Dreams
私のコードから始まる。
今度はドラムと合っていた。
ちょっと弾いた時に師匠が前に来て、ボリュームを下げろという合図だ。
をいをい、バッキングだと暇無いっすよ(T_T)
とりあえず差し支えなさそうなところで下げたが、一瞬途切れてしまった(/_;)/~~
技術的には難しくない曲は順調に進んだが、yukaっちさんの間奏が終わった直後に一瞬全体が止まって私のギターから入るところ!
ここで痛恨の一撃だ!!
マルチエフェクター「G2.1u」のスイッチを二回踏んでしまい、クリーントーンの次に入っていたディストーションが鳴った!!
ヤバ過ぎる(>_<)
とりあえず手は休めずにクリーントーンに戻す。
変な話しだが、内面の焦りが体に即反映されないのはギターを始めて身に付けられた事だ。
古代人は良い言葉を遺している。
「過ぎた事は仕方ない!!」
いいとこナシで終わりそうな俺。やだやだ(だだっ子風)
曲の最後の弦を一本一本押さえるだけのエンディングに(念のため書いておくと、この一本一本押さえるフレーズはカッコ良くて好きだ)後ろを向く事にした。
シャツは沖縄国際通りで作ってもらった「ロック魂」シャツだ!
腕には「PRS」の文字がっ!
このアクションには会場も沸いてくれた(^O^)/

●もう、メンバーには謝るしかない私だが、反則的な先生バンドの盛り上げもあったのか、会場が大盛り上がりで終わって良かった(=^▽^=)皆さんお疲れ様でした〜m(_ _)m

※ニューイヤーライブ講評へ続く。
posted by SAT at 21:20| ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

ニューイヤーコンサート開催

●今日はニューイヤーコンサートとニューイヤーライブが重なる日だ。
しかも、普段の合奏団でのノリからか、バッティングしているのに会場の係に任命されているのでみんなより早い9時集合だ。

●日曜日に早起きしてご飯を食べているのは久しぶりで「マジレンジャー」の急展開で結婚式を挙げる話しと、「仮面ライダー兜」でSWATを意識した仮面ライダー軍団が雑魚なテレビを見て笑えてしまった(^_^;)

●藤沢の新堀学校に着くと、早速yukaっちさんや団長、先生方と会場のセッティングを始める。
掃除をして椅子を並べて、更衣室のセッティングをした。
更衣室は、目張りをするのに時間がかかった。
一緒に仕事をした女の子は小学生に見えたが、高校生だというので驚きだ!
ってか、若く見られて羨ましいと思うあたり、自分の歳を感じてしまう悲しさだ(>_<)

●会場に戻ると合奏団のメンバーが揃っていた。
集合そこそこに弁当の買い出しへ行くことになった。
一緒に行った合奏団のお姉様が看護婦さんをやっている話を初めて聞いた。
毎日ブスブスと針を刺しているというのだから凄い(>_<)
町田の先生もいて、3人で弁当を運んだ。
「領収書とお釣りを持ってきてね」と言われたが、貰ったお金が足りなかったのは内緒だ。

●合奏団のリハーサルは、なんかいつもの練習みたいになってしまった。
しかし、本番はギタロンを援護で弾いてくれる先生がいるので、普段低音域を一人でやっている私にとっては心強い。

●昼飯時になり、朝のセッティングを手伝った人には弁当が出るそうだったが、間違えて買ってきてしまったではないか(T_T)
この弁当は育ち盛りのyukaっちさんの娘さんに提供することにした。

●本番直前、夕方から始まるニューイヤーライブのメンバーと合流した。
ちょっと合わせてから、ニューイヤーコンサートでyukaっちさんが出るところまでみんなで見ていた。
親子でギターを弾いてるってなんか羨ましい。

●それから彼女と合流して一緒に見ていた。
今回は私の個人でやる曲がなかったのでニューイヤーコンサートに関しては気楽なものだ(^o^)v-~~~

●それにしてもみんな難しい曲に挑戦している。
私はクラシックが片手間な人間なので、その部分でどんどん差が付けられているのを感じる(/_;)/~~

●合奏の直前準備になって、朝から合わせているバスギターのチューニングをしていたのだが、ここにきて急にチューニングが高くなったり低くなったりして安定しない。
仕方ないので「平均値」で合わせた。
舞台袖で一度調弦係の先生に確認してもらわなければならない悲しさだ(T_T)

●合奏は微妙に間違えたが、今回はかなり勢いで弾けた(^o^;)
やはりもっと技術を着けないと厳しいのぉ。

●今回は去年に比べ、合奏団の繋がりがあったお陰か、一体感のあるコンサートで良かった。
初めて見る顔もあったが、同じ教室の仲間なので、もっと皆さんと関わっていきたいと思った。
今回はライブと掛け持ちで時間が少なかったが、出来れば準備から巻き込んで関わりたいところだ。

※ニューイヤーライブへ続く。
posted by SAT at 23:52| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

ギターソロ猛練習

●明日はニューイヤーコンサート&ライブなので、
合奏団の練習にも人が集まりまくっていた。

●椅子を横に並べると人が入りきらないので、
何人かは前後に分かれた。
私は低音が後ろから響く方がいいだろうということで、
後ろに回っていた。

●合奏練習は早々に終わり、
明日の重奏等をやる人の練習があった。
私もyukaっちさんとエレキギターの練習だ。

●合奏団はクラシックが基本なので、
急にエレキを出すと注目されるのだが、
これは結構ノってくる^^;
数回通しで練習をした。
ヴォーカルがいないので、曲の切り替わりを確認するのが大変だ。

●途中で、私の使っていたエフェクター「G2.1u」に
リズムマシンが付いているのを思い出した。
早速起動してみるのだが、どうにもテンポが定まらない。

●そうこうするうちに、6重奏の練習が始まったので
奥の部屋に移動する。
yukaっちさんの娘さん達が機材を運ぶ手伝いをしてくれたのが助かった。
ギターを抱えたままというのは案外不自由だーー;

●今度はテンポを目盛りで変えてみた。
すると、いい感じに合ってきたので、
ひたすらソロの部分を練習した。
ギター2本ということで、ソロを途中でスイッチするのだが、
その部分を含めてソロの底上げだ。

●今回はかなりリズムやバッキングと合うようになってきた。
明日の本番に向けてがんばるぞ!
posted by SAT at 22:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

TYPHOON

●今日は帰ってきてからDVDを見ていた。
先生に「ライブに備えてビデオとか見とくように」と言われていたからだ。
とは言っても、家にあるDVDは、以前購入したB’zの「Typhoon」ぐらいしかない。
http://sat.seesaa.net/article/837592.html

●基本的には古い曲が多いDVDだが、
それが世代的には合う^^;

●このDVDの渚園ライブは、
B’zがライブで観客との一体感を大事にしているのが感じられる。

●はてさて、週末のライブでそんな事が可能なのだろうか!?
ちっと悩んでみるとするか〜><
posted by SAT at 23:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。