2005年09月09日

やはり民主党か?しかし…

●ここ数日で政党マニフェストを読んでみた。

●自民党の下で郵政民営化が実現し、郵便局の負債体質がなくなってくれればかなり良い。
しかし、自民党では今までの流れとして、削減されない予算とサラリーマン大増税が待っているのは明らかだ。
「郵政民営化」を看板に掲げるが、他の政策から目を逸らさせているような気がする。

●民主党のマニフェストで気に食わないのは「高速道路無料化」を掲げているところだ。
ただでさえ巨額の赤字を抱える道路公団なのに、高速道路を無料化したら収入が無くなってしまう。
道路は管理が要らないわけではなく、維持していく費用もかかる。
無料化したら、維持費は我々の血税から払われるのだろうか?
プラスのキャッシュフローになるまで無料化は有り得ない。

●悩むところではあるが、どちらかと言うと民主党にチャンスを与えたいと思う。
自民党でずっとやってきて現在に至るわけだから、自民には一度、いい加減な事ばかりやっていると政権交代も有り得るという事を分かってもらった方が良い。

●あと一日、悩んでみよう。
posted by SAT at 23:00| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

マネーの王

●MSNマネーの記事で、マネーキャラクター診断というのがあった。
3問の質問による簡単な内容だが、なかなか面白い。

●とりあえず何も考えずにやってみると、
「王」ランクだった。
そうそうマズくないらしい。

●しかし、一画面戻って選択肢を変えてみると
「ピエロ」になっていた^^;
「王」と「ピエロ」は紙一重か・・・

●結構楽しいので、一度お試しください。

http://loan.money.msn.co.jp/character/index.jsp
posted by SAT at 19:06| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

パートタイマーでも有給休暇

●MSNマネーの記事で、パート(アルバイト含)でも有給が取れるという話題が出ていた。
最近は身の回りでフリーターの人が増えてきているのだが、
彼らの勤務は「多忙」と言われるレベルのサラリーマンに劣らない労働時間&日数だ。

●税金の面では優遇されている彼らフリーターも、
休暇の面では可哀想な事になっていると感じられるが、
今回の記事では、実はパートでも条件を満たせていれば有給が取れると言う話だ!

●その条件とは、
>会社に入社した日から6ヶ月間継続勤務し、その間80%以上出勤していれば、取得できる権利が発生します。
との事だ。

http://money.msn.co.jp/column/columncon.asp?nt=7&ac=fp2005081167&cc=25
posted by SAT at 18:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

「100円マック」で客単価が急降下

●適当に日経のサイトを見ていたら興味深い記事があったので紹介します。

●マックの2005年6月中間期の連結決算は、経常利益が前年同期比77%減だそうだ。
「100円マック」でお客さん1人辺りの金額が落ちた為だ。
しかも、客は多いので、それに対応する為、人件費は増えたそうだ。

●客が多ければ良いというものでもなく、人件費が増えてしまうという点も興味深い。
マックは今後は、客単価を増やしていくのが目標だそうだ。
思惑通りに進めば、増えた客は減らずに単価が増えるということだが、
果たして上手く行くのだろうか?
魔法のような話である。

●しかし「不可能」と簡単に言ってしまうのは可能性を自ら潰しているだけだ。
今後のマックの動きに注目して教訓にしたいところだ。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20050809AT1D0905M09082005.html
posted by SAT at 20:37| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

第三のビールも課税

●第三のビールにも課税が行われるらしい。
今回の増税は抜本的な増税となるようで、ビール業界や家計は大変だ。

●記事内でも書かれているのだが、
サラリーマン増税」で盛り上がっている中で、
更にビールも値上げか!?
そもそも、レジ袋にも課税されるのでは!?

●これだけ増税があると、
我々の家計はどうなってしまうのだろうか???
家計どころか、日本の経済もピンチ過ぎる。
自分で自分の首を絞めているようなものだ。
と、いうのも、私の考えでは
家計が苦しくなると・・・
経済知識の弱い家計:貯金を取り崩し、更には借金をしてしまう。
経済知識の普通な家計:ひたすら貯金し、財布の紐を固めてしまう。
経済知識の良い家計:財布の紐は固め、投資に注ぎ込む。

●するとどうなるか?
商品は高く売れなくなるので、デフレは加速する。
多少お金が貯められる人は投資対象を漁るので、
不動産はさすがに無いと思うが、
株や外貨等が不当に(?)高くなる。

●日本はこれから益々、弱者に厳しく強者に嬉しい国になっていく・・・
そんな足音が迫っているようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050715-00000017-san-bus_all
posted by SAT at 21:36| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

都心で1泊1480円のフリーター向け宿

●フリーター向けの宿が口コミで流行ってきているそうだ。
都心だが、中では3段ベッドで暮らすらしい。
正確には、「エム・クルー」という建設現場の軽作業などを請け負う会社の寮ということで、
他社の求職活動をしても構わないが、同社で3カ月間に1回も働かなければ退去だそうだ。

●社長も20代の時に2年間のホームレス経験があるそうで、
「生活創庫」の社長と同じく、ホームレスから成功をした凄い起業家だ。

●ここを利用するのは、
夢見る20代、
フリーター生活が長くなり過ぎて社会に適応できなくなってしまった30代、
リストラされ、居場所を失くした40代。
という事だ。

●思うに、20代とは言っても
どういう経験を積んで、どうなりたいか。
今の生活を続けることのメリットとデメリット(リスク)を
意識していかなければホームレスへの道を辿るのではないだろうか?
定職についていなければ
「フリーター生活が長くなり過ぎて社会に適応できなくなってしまった30代」
への道は近いし、
不況と増税の世の中では定職に就いている人間ですら危ない。

●正社員として仕事をする上では、
学生やアルバイトのような意識でいてはいけないが、
自分の経済という観点では、正社員であっても
自分がフリーターと変わらないという意識でいないと、
見せ掛けの「安定」に寄りかかってしまい危険だ。

●私的な部分になるが、
1480円の宿代は、
1480円×30日=44,400円
となり、
都心から離れているとはいえ、
駅前で便利なマンションに住む私の家賃よりも高い゜o゜

●税金で弱者であるサラリーマンが搾取されるのもそうだが、
この部分でも「弱者」となってしまった家の無い人達が
結局はお金がかかるようになってしまうと感じるのは私だけだろうか?

http://www.asahi.com/life/update/0711/002.html
posted by SAT at 12:53| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

上手くいかないクールビズ

●クールビズが上手く行ってないらしい。

●ファミレスでは、温度設定を上げると客入りが悪くなるらしい。
満員電車は冬でも暑いぐらいなので、温度を下げるなんてありえないそうだ。

●「ネクタイを取れば涼しくなる→エアコンの温度を上げられる」
というのは、少し単純すぎる発想だったのかもしれない。

●私もネクタイ着用で仕事をしているが、
会社のしがらみから、ネクタイを外している人は誰もいない。

●このような意識の改革は、
「こうすれば、こんな良いことがある!」
というようなイメージを強く意識させる形で行うと成功しやすいのかもしれない。
なんか、今回政府の役人がネクタイを外している姿は、
BSE事件の時に「牛肉は大丈夫」と食べて見せていた姿を
妙に思い出してしまったのは私だけだろうか?

http://www.sankei.co.jp/news/evening/12iti001.htm
posted by SAT at 20:36| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

証券口座作成に名前を書き忘れる!

●昨日の夜、家に帰ると
オリックス証券からの封筒が届いていた。

●FX取引を始めるために作ろうとした口座で、
やっと来たかと思い封筒を開けてみると、
どうやら前回送った内容に名前が入っていなかったらしい(悲

●オンラインで登録をすると、殆どの項目は
入力済みで送られて来るため、
名前も入っているかと思いきや、
見事に抜けていたのだ!

●出だしからこんな調子で大丈夫なんだろうか???
posted by SAT at 09:15| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

強気の楽天トラベル

●旅行予約サイトの楽天トラベルが、全国の旅館やホテルに対して、宿泊予約代行の手数料を9月以降、現行の宿泊料の6%から7〜9%に引き上げる方針を打ち出しているそうだ。

●宿泊業界的には、単純に利益率が下がるわけで、
猛反発している。

●楽天がこんなに強気なのは、
ネット予約のシェアが馬鹿にならないところまで来ているからだ。

●利用者としても、通常の電話予約よりネット予約の方が割引になるので、
どうしてもネット予約を利用してしまう。
予約方法も便利で良いのだが、
今回はそれに楽天が乗っかった形だ。

●これは、そのまま楽天の要求が通れば
楽天は大もうけだが、
宿泊業界も黙っていないだろう。
ここで総スカンを食らう可能性もある。

●SEな私の考えだが、
ITってヤツは、今でこそ無くてはならないもののように思われているが、
実は20年も前には無くても問題の無かったもので、
極端な話、全て人間ベースで代行できるとも考えられる。
あくまで「便利なもの」で「無くてはならないもの」ではない。

●そんなIT業界が、
サービスをするのも「人」、されるのも「人」な、
殆ど無くてはならない業界である宿泊業界に牙を剥くのはいかがなものだろうか?
私も「楽天アフィリエイト」とかやりたい人間なので、
どちかというと、楽天側の人間かもしれないのだが、
楽天さんはシッペ返しを喰らわないようにして欲しいものである。

http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20050701nt01.htm
posted by SAT at 18:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

大阪市の市長はボーナスカット・・・しかし

●不祥事の続いた大阪市でボーナスが出たそうだ。

●全体的にはボーナスUPだが、市長は58万円のダウンだそうだ。
しかし、それでも349万2720円貰えるそうだ。

●年収300万時代と言われ、
最近では「年収200万時代」という言葉も聞くようになってきたが、
どういうことだろう、市長のボーナスって、平民の年収より多いって事だ。

●最近は増税の話で世間も盛り上がってきたが、
(http://sat.seesaa.net/article/4564350.html)
まだまだ削減できるところは多いのではなかろうか?
と思わせる記事だった。

http://www.sankei.co.jp/news/050629/sha062.htm
posted by SAT at 18:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

サラリーマンいじめの大増税

●毎日新聞の記事で、恐ろしい事が載っていた。
>政府税制調査会(首相の諮問機関、石弘光会長)は21日、個人所得課税のあり方をまとめた報告書を正式発表した。
ということだ。
政府はサラリーマン世帯を対象に大増税を目論んでいるという事だ。

●増税の内容は、
1.給与所得控除の縮小
2.退職金の課税強化
3.年収300万円以下の配偶者を持つ納税者に適用される配偶者控除の廃止
4.16歳以上23歳未満の子がいる場合に一定額を控除する特定扶養控除の廃止
5.個人住民税は5、10、13%の3段階を10%に一本化。
と言うような内容だ。

●順番に内容を見ていくと、
1.これは痛い。サラリーマンは一定額を経費として認められていて、
  自動的に控除されているのだが、これが減るのだ。
  下手をすると、全員が確定申告をしないといけなくなるかもしれない。
  投資をやっている私は来年辺りから確定申告が必要かもしれないので構わないが、
  これが嫌でサラリーマンにしがみついている人も居るぐらいなので、
  サラリーを貰う事の意義が一つ減るとも考えられる。
2.これも嫌だが、退職金の課税強化については、
  退職しても税金で退職金が少ない→退職し難い→離職率の低下。
  へ繋がるかもしれないので、一概に悪でもないかもしれない。
  但し、転職してキャリアアップを狙う人には足枷になるので、
  そこは厳しいところである。
  転職の場合は強化分の課税対象外とする等の優遇措置があれば良いと思う。
3.アホか!!
  結婚して得な事が減る→出生率の低下→少子高齢化に拍車がかかる。
  という悪循環を助長する制度だ。
  これについては、むしろ控除枠を拡大した方が、ゆくゆくは税収が上がるというものだ。
4.これまた馬鹿な制度だ!
  16歳〜23歳の一番やりたい事が決まって社会に出て行く時期の子供を持つ家庭に
  扶養の控除が無くなって行くのだ!
  私自身、この時期に極貧を経験しているし、身の回りにも親の貧乏で
  十分な教育を受けられない(なかった)友人・同僚も多い。
  それでも何とか目標を持って仕事が出来るようになればいいのだが、
  その事に気付く機会も無く、ニートやフリーターとなって行く若者も多くなってしまう。
  一昔であれば、そういう若者は「遊びでもいいから大学か専門学校」へ行って
  やりたい事を見つけたり、自分と向き合う時間があったのだが、
  この増税で、何%かはそういう機会を失われる若者も減るはずだ。
  こういう家庭には税に対して優遇するぐらいの事で、十分な教育が受けられる方向に
  持って行くべきだと思う。
5.趣旨は、まぁわかる。
  しかし、数字を見る限り「弱いものいじめ、既得権者優遇」な制度だ。
  現在5%の人は更に5%の増税。13%の人は、収入が多いから13%なのに3%の減税だ。

●最盛期で約26兆円あった所得税収は約14兆円にまで落ち込んでいるそうだ。
景気と住環境の悪化による少子化、ゆとり教育によるニート、フリーターの増加→就労者の減少。
がある為、税収が減るのは当然の事だ。
増税を考える前に、その辺の根本原因を潰す事を考えていかないと増税しても効果は薄い。

●誰もが知っていることだが、日本は税金の無駄遣いが多すぎる。
昨日のニュースでは、雇用保険料も無駄遣いされていて、
雇用が厳しい人の為の格安マンションに雇用を斡旋する側の人間が住んでいたり、
金バッヂを作って金塊に換える等の事を行っていたそうだ。
これでは「俺達は自分の懐に入れる金塊を作りたいから増税しようぜ!」と言っていると
思われても仕方が無い。

●1個人、1家族単位で考えた場合、
お金が貯まるか貯まらないかは、如何に支出がコントロールできるか?だと思う。
ここでは収入が多いか少ないかは、あまり影響が無い。
何もしないでも、1ヶ月毎に出て行くお金が増えれば貧乏になっていくし、
何もしないでも、1ヶ月毎に入るお金があれば裕福になっていく。
この前提を踏まえた上で、収入が上がればより裕福になるし、
投資や自己投資で、更に裕福になれると思う。
収入は比較的多いのに貧乏な人が居るのはこのためだと思う。
6/20に書かせて頂いた(http://sat.seesaa.net/article/4483220.html)「ポイントカードの罠」で
出てきていた家族のように貯金が290円というようなケースでは、
まさにこの悪循環に陥っていると思う。

●今の日本は「支出のコントロールできない家庭」と変わらない。
この状況で税収を増やしたとしても、それ以上に支出が増えるだけで
問題の解決にはならない。

●>石会長は同日の会見で「この国を支えるには、サラリーマンに頑張ってもらうしかないというメッセージを送りたい」。
と発言したそうだ。
サラリーマンは就労者の8割を超えるかもしれないが、
割合の話となると、
この国の経済の8割は2割の裕福層が握っているだけだ。
就労者の8割と言われているサラリーマンは残りの2割に対して8割の労働者であるだけだ。
ロビン・フッドではないが、このような発言があるなら、
政治家や権力者等の裕福層が払えばいいんじゃなかろうか!?
数字を当てはめていくと、つじつまの合わない発言である。

●政府がこのような考えである以上、
サラリーマンで居る事のメリットはとても少ない。
個人で出来る防衛策として、
今後は脱サラリーマンの道を模索していくしかなさそうだ。

http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/seisaku/news/20050622k0000m010102000c.html
posted by SAT at 19:05| ☁| Comment(4) | TrackBack(15) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

希望の仕事があれば働く

●「希望の仕事があれば働く」という若者と、
「希望と違っていても働いて欲しい」という親との
考え方に差があるそうだ。

●ニートが社会問題になっている現代だが、
「希望の仕事があれば働く」と言える事は、
働かなくてもなんとか暮らしていける幸せな人達が
いるという事でもある。
なんとも贅沢な悩みだ。

●ニートは働かない間、何をしているのだろうか?
自分の求めている将来に近づく努力をしていれば
働かない期間というのは非常に有意義なものだが、
ただダラダラ過ごしているだけでは、
若い期間がとても勿体無い><

●そういった視点で考えてみると、
若い期間を自分の将来に近づく努力に使っていない、
日銭を得る為だけに働いているようなところもある
私のようなサラリーマンもニートと大差ない部分があると
ちょっと意識してしまうこともある。

●時間を有効に使うにはどうしたらいいか・・・
いつも悩みどころである。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20050621it04.htm
posted by SAT at 00:55| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

ポイントカードの罠

●昨日の晩にTVでポイントカードのポイントを集める人達の特集がやっていた。
マイレージ等を集めて海外旅行に行くというような特典が得られるそうだが、
昼の外食等にでもカードを使う徹底ぶりだ。

●ある人に「海外旅行に行くのに幾ら分使わないといけないんですか?」と
インタビューがあって、その人はちょっと考えた末に
「1200万円ぐらい・・・」と言っていた。
インタビューアーは「そのお金をちょっと節約して海外旅行に行くことはできないんですか?」
と聞いていた。
ポイントゲッターは「日常でも我慢したくないから・・・」とか
言っていたが、少々目が泳いでいる。

●先に出てきた海外旅行へ行く計画を立てた家族だが、
ハワイに行く計画をポイントの関係でグァムにしていた。
ポイントに目的が左右されているとは・・・

●その家族の貯金残高は290円で、
その時も1000円だけ下ろしてきたところというシーンが写っていた。
ポイントは貯まっても現金は・・・というところである。

●思うに、ポイントってモノは所詮店の決め事でしかなく、
「おまけ」要素が強い。
確かにポイントはお得だが、
「ポイントが欲しいので買い物をする」
「ポイントが付くなら割安だから使ってもいいや」
というのは本末転倒な気がする。

●買い物をする時のお買い得度は、
ポイントが付くからだろうか?
値段が数値として安いからだろうか?
例えば、私は先週スーパーに行った折、
大根が一本98円で安かったので「使うだろう」と思い
買っておいた。
しかし、ちょっと使ったきりで冷蔵庫の中で
シナシナの大根にしてしまった><
これはお買い得なのだろうか?
98円をドブに捨てたような気がして悔しい。
ある意味、先日の株の負け(これは「戦った」結果だ)よりも悔しい。

●この辺りを間違えないでお金を使って行きたい。
私としても↑のザマなので、気を引き締めなければ!
posted by SAT at 13:30| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

思うように行かない株式投資

●株式投資を始めてもうすぐで1年になる。
50万円から初めて、現在30万だ。
実に20万円も損をしている始末だ><

●先週まで「イチヤ」の株を3万株程持っていた。
1株12円で購入した株だ。
これだと1円の値動きで利益が出るのを狙ったのだが、
9円まで下げた。

●2ヶ月近く持っていたが、もう切ってしまおうということで、
10円で売った。
これにより6万円も損をしている。

●そして今日だ。
なんと、25円!
今日の値幅で19円〜32円までつけていて、
25円で終わっている。
19円→20万近い儲け。
32円→50万ぐらい。
25円→38万。
・・・はぁ><
わずか1週間の違いでこのザマだ。

●あと1週間我慢すれば儲かったのにぃ!!!
なんてギャンブラー的な事は言わない。
買う時の戦略が間違っていたせいだ。
1株価格が小さく、取引量もそこまで大きくない株を
買う時は、1円等の値動きを狙うのではなく、
落ちるか登るかの投機的な買い方をしなければいけない
という事を学んだ。

●感情では超悔しいのが
まだまだ私の弱さだ。
今回の一件で、もっともっと
経済・お金に対する知識・感情・考え方を鍛えなければいけないと感じた。
がんばるぞー!!
posted by SAT at 00:31| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

採用したい若者がいない・・・どちらの言い分も解るが

●毎日新聞の記事で面白い事が書かれていた。
「若者を採用したいが、採用したい若者がいない」。こんな悩みを企業の人事採用責任者の約半数が抱えていることが、県若者就職支援センターのアンケートで浮かび上がった。
ということだ。

●企業から見た若者は
▽自発的行動▽長期勤続意思▽誠実性▽課題発見能力
に欠ける若者が多いのだそうだ。
一方、若者の正社員の中には▽給与・賞与が安い(48%)▽経営者の考えや経営方針に共感できない(36%)▽会社に将来性が感じられない(34%)
という。

●私も20代半ばでありながら正社員として6年勤めている身だが、
ちょうど、この企業と若者の中間にいるような立場なので、
どちらの言い分も良くわかる気がする。

●最近は新卒で雇われてもすぐに辞めてしまう若者も多い。
また、同じ年代で経験年数が3,4年の人達も見てきたが、
意識の低い方々も多いのが事実だ。

●しかし、そんな若者が多い反面、
お店なんかに行ったり、話しを聞いたりすると、
フリーターでやっているのは勿体無いぐらいの意識の高さを見せる
人達が多いのも事実だ。

●近年はコストダウンとリストラのシワ寄せで、
若者正社員は安い給料のまま2,3人分もの仕事を任されて・・・というと
聞こえは良いが、丸投げされて、明るい未来が抱けないのが現実だ。
就職前の若者は、こういった話を先輩や本、ネット等で既に
知っているのかもしれない。

●これからは「正社員」という選択肢はあまり面白くないのかもしれない。
だからといって働かないのは将来のキャリア形成を考えてももっと悪いわけで、
「何がしたいか?」「どうなりたいか?」というのを
今まで以上に考えていかないといけない時代になっていると思った。

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/gunma/news/20050606ddlk10020138000c.html
posted by SAT at 22:17| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

外国為替証拠金取引(FX取引)

●MSNマネーコラムの中で、FX取引について書かれていた。
証拠金を渡して、その1〜10倍ぐらいの取引を行って外貨預金を行うものである。

●一時的にお金を借りることになるので、借金をする事になるのは忘れちゃいけない。
小さいお金で大きな取引をするので「レバレッジ(てこ)」と呼ばれるようだ。

●外貨預金は既にやっているが、その延長としてFX取引には凄く興味がある。
預けていると金利差で預けている期間のお金を得られるスワップ金利というものがあり、毎日80円〜200円のお金が入ってくるからだ。

●しかし、気をつけなければいけないなと思うのは、
ひとつはレバレッジを効かせることで一瞬で莫大な損失をこうむる可能性があることと、
ふたつはFX取引の性質上、キャピタルゲインを狙うのか、インカムゲインを狙うのかが不明瞭になりがちだということだ。

●スワップ金利を狙うならインカムゲインだが、コラムにも書かれている通り、
インカムゲインで得られるお金を一瞬で失う可能性もある。
私個人は外貨投資はキャピタルゲインを狙うものだと思っているので、
やるとしたらレバレッジを効かせたキャピタル狙いだろうか。。。

●こうしてちょっと考えただけでも、相当に経験が必要な取引となりそうである。
感情が入るうちは手を出せない投資だと思う。

http://money.msn.co.jp/column/columncon.asp?nt=7&ac=fp2005051916&cc=21
posted by SAT at 12:51| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

レジ袋にも課税!?

●読売新聞の記事で、環境省がスーパーのレジ袋の無料配布を規制する方針を決めたという話が載っていた。

●方針内容は無料配布を行ったスーパーなどに罰則を科すというような内容だが、
「無料配布NG→有料」という事になる。

●消費者としては、店が勝手に払っていればそれでいいのだが、
買い物をする度に客にレジ袋代を請求されるようになると、これは実質消費税と同じだと思う。

●実際に、杉並区では1枚に5円を課税する「すぎなみ環境目的税条例(レジ袋税条例)」が制定されたそうだが、
現在はまだ徴収に至っていないらしい。
しかし、これは課税が視野に入っていることを表すには十分過ぎる話である。

●ここまで、課税の観点からレジ袋を考えてみたが、資源を無駄にしないという事を考えると、
コンビニで飴一つ買ってレジ袋が付いてきたりするのも考え物だ。
近所のスーパーでは、1Fと2Fで店が違い、レジが違うので、2Fで買い物をした後に1Fで買い物をすると
2枚のレジ袋を貰うことになる。
こういう時は、1枚で十分なので袋を貰わない事はしょっちゅうだ。

●レジ袋が要るか要らないか微妙な時は「タダなら」と貰って家に保管している。
こういう時に思うのは
「レジ袋を貰わない代わりに5円ぐらいサービスしてくれないだろうか?」
という事を考えてしまう。
残念な事に、今のところそのようなサービスは無いので、
「どうせタダなら」という考えに至るのだ。

●何でもかんでも課税でモノを考えるのではなく、
サービスという観点でモノを考えてみると意外に未来は明るいのかもしれない。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050518i501.htm
posted by SAT at 17:34| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

そりゃ負けるような気が・・・

●以前、売れ残りマンションを大幅値下げした事に対して、先住民が損害賠償を求めたそうだ。

●例えば、こういう話だ。
今から10年前に4000万円でマンションを購入して、今、2000万円で売られたとする。
そうすると、10年前に購入した人のローンはまだ2000万円以上残っているから、今から買った人の方が残高が少ないっていうような話だ。
その辺に不公平感があるらしい。

●気持ちはよくわかるんだが、
物の価値は変わるわけだし、特にマンションは減価償却もすれば、
土地の値段が変わることもみんなわかっている話だ。

●買ってしまった人は悲しいのかもしれないが、
この裁判で買った人の方が勝ってしまうと、逆にマンションの経営が成り立たなくなる。
大きな買い物をする時にはよく考えなければいけない。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050517k0000m040088000c.html
posted by SAT at 00:34| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

ビンボーヒマなしか・・・

●朝日新聞のニュースで都圏に住む20〜64歳の男女を対象として
GWの休日取得日数と年収の関係を調査したそうだ。

●400万円未満世帯は5・9日、600万円以上800万円未満は6・3日、800万円以上1千万円未満は6・5日、1千万円以上は6・9日だそうで、
年収が多い方が休みが多い傾向のようだ。

●私もご他聞に漏れず、GW中に2日しか休みが無い。
というか、休み自体が3週間ぶりだ。
まぁ、私の場合は現状で問題が山積みなIT業界にいるせいかもしれない><

●お金が無くても自由があるってなら救いもあるかもしれないが、
お金とか経済の世界では裕福なほど時間もあるってことだ。

●今の20代で年収300万世代の若者は、
バブルの昇給等が見込めない今、
世の中のおじさん達と同じ年齢になっても同じ収入を得ていない
可能性の方が高いと思う。
この現状の中で自由を手に入れるにはどうしたらいいか。。。
自分の中にある現実を変えていかなければならない
そんなところまで来ているのかもしれません。

http://www.asahi.com/life/update/0503/002.html?t
posted by SAT at 13:39| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

NHKのやりくり

●NHKが職員の賃金カットに走りそうだ。
相次ぐ不祥事で、受信料の不払いが発生した為だが、
確かに、責任は客ではなく社内で取る必要があるとはいえ、
従業員はまじめに仕事をしていただけなのだから可愛そうな話だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050419-00000416-yom-soci

●受信料不払いについての考え方で、itmediaの記事が面白いことを言っていた。
(http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0504/15/news043.html)
このまま行くと、英国BBCのように強制払いになるか、
有料化になるかということだ。

●受信料が税金の特殊な形である以上、政府もこのままほっておくとは思えない。
強制払いになる確率は相当高いだろう。
そうなった時に、現在、単純に「みんな払わないから」という理由で
払っていないだけの人達は思い知ることになるだろう。

●私はというと、現在住んでいるマンションがアンテナの不具合か何かで、
5年間TVが写らない生活をしていた。
NHKの受信料徴収が来たときも、日本の法律に受信料不払いの罰則規定が無いのを知っていたので
「払う気がありません」
とだけ言ってきた。
というか、そもそもTVが写らないのだ^^;
TVはゲームとDVD、ビデオを再生する為だけの機器でしかなかった。
もしTVがあるばっかりに税金がかかるようになったらTVは捨ててしまうだろう。
TVの写らない生活をしていたおかげで、
TVに興味が無くなった為だ(笑
ちょっと話は逸れるが、TVに時間を取られない生活は良いものである♪
それに、他人の家に行った時に「初めてTVを見た人」みたいになれる自分も新鮮で楽しい(笑

●個人的な意見では、NHKは受信料が欲しいのであれば、
有料TVになるか、広告料を得るかのどちらかでいいと思う。
現在不払いをしている人の中で、
「見ているのに払っていない」輩がいるのであれば、
見るなら払って欲しいと切に願うばかりです。
posted by SAT at 15:44| ☔| Comment(5) | TrackBack(4) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。